【株式評論家の視点】チェンジは公開価格の6倍と上昇、目先は需給重視の展開へ

株式評論家の視点

 チェンジ<3962>(東マ)は、9月27日に東京証券取引所マザーズに上場した。同社は、「Change People,Change Business,Change Japan」をミッションに掲げ、日本企業の変革を促す「NEW-IT トランスフォーメーション事業」を展開し、モビリティ、IoT ビッグデータ、クラウド、セキュリティなどの新しいIT技術を活かしたサービス、次世代のIT人材を育成する研修を提供している。

 NEW-ITトランスフォーメーション事業として、スマートデバイス向けモバイルアプリケーションの企画・設計・開発・運用、セキュリティ製品の選定・導入・保守、ビッグデータの解析・活用、NEW-IT人材を育成する研修の企画・開発・実施を行っているほか、当該事業の伸長を図り、大手SIer(システムインテグレーター)とNEW-ITの人材・組織の開発を通じて、NEW-ITサービスにおけるパートナー関係の構築を推進している。

 前2016年9月期第3四半期業績実績は、売上高が10億3700万円、営業利益が1億5300万円、経常利益が1億4400万円、純利益が9300万円に着地。

 前16年9月期業績予想は、売上高が15億2000万円(前の期比8.6%増)、営業利益が1億7300万円(同28.5%増)、経常利益が1億7000万円(同23.5%増)、純利益が1億1100万円(同34.0%増)を見込んでいる。調達した資金は優秀な人材の採用に充てる方針で、配当予想は未定としている。

 株価は、上場2日目の9月28日に公開価格1200円を約2.5倍の2999円で初値をつけた後に連騰し10月6日高値7200円と上昇。大株主にベンチャーキャピタルが入っていないことから、需給面で売り圧力が少なく買い優勢の展開となっている。法人のタブレット・スマートフォンなどのスマートデバイスの導入・活用、IoT、ビッグデータなどの新しいIT技術の活用に向けた動きが加速していることを背景に、IT投資が好調に推移しており、今後も高い成長が見込まれる。ただ、株価は公開価格の6倍と上昇しており、目先は需給重視の展開が続くと予想される。(株式評論家・信濃川)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ロータス投資研究所代表、中西文行 氏 テクニカルでは16000円割れに 世界の主要株価指数は、18年…
    2. 2019年相場展望 米中貿易摩擦の動向に左右される展開 2018年の東京株式市場は、欧米の長期金利の…
    3. シニアアナリスト:水田雅展 2019年は前半が調整色でも年末高に向かう可能性  2019年の株式…
    2019年4月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
    IRインタビュー 一覧

    Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く 協立情報通信の長谷川浩社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る