【鈴木雅光の投信Now】アクティブ運用vsインデックス運用

 アクティブ運用とインデックス用のどちらが良いのでしょうか。

 一般論としては、「長期で投資した場合、アクティブ運用の運用成績は、インデックス運用のそれに劣後する」と言われます。理由は、恐らく次の2点でしょう。

 その1。プロだからといって常に市場平均以上に値上がりする銘柄をピックアップできるわけではない。
 その2。アクティブ運用はインデックス運用に比べて運用コストが割高になる。

 インデックスを構成する銘柄に均等投資をすれば、運用成績は対象インデックスに連動するわけですが、アクティブ運用は、インデックスを上回るリターンの実現を目指すため、組入銘柄を選別したり、各銘柄の組入比率に差を付けたりします。

 したがって、リターンの面でアクティブ運用がインデックス運用を上回るためには、運用担当者に市場平均を上回る株価の成長が期待できる企業を選ぶ眼があるかどうかが問われてきます。

 で、結論から言えば、インデックス運用を上回るリターンが期待できるアクティブ運用は存在するものの、全体から見ると、その数は非常に限られます。以下、「投資信託事情」のデータをもとに計算したものです。

 8月末時点で、日経225平均株価への連動を目指すインデックスファンドの過去10年間のリターンを見ると、大体12.3~20.6%。東証株価指数(TOPIX)への連動を目指すインデックスファンドで、大体▲10.0~▲5.4%です。

 過去10年間のアクティブファンドで、良い成績を収めたものを列挙すると、次のようになります。

 「中小型割安成長株ファンド」(SBIアセットマネジメント)・・・・141.1%
 「ザ・ジャパン」(JPモルガンアセットマネジメント)・・・・115.3%
 「E-フロンティア・オープン」(JPモルガンアセットマネジメント)・・・・83.9%
 「日本小型株ファンド」(大和住銀投信投資顧問)・・・・83.4%
 「新興成長株オープン」(みずほ投信投資顧問)・・・・72.9%

 上記がベスト5になります。ちなみに純資産総額が30億円未満のファンドは外してあります。

 この他にも、19本弱のアクティブファンドが、日経225平均株価連動型のインデックスファンドの運用成績を上回っていますが、全体の本数が149本なので、インデックスファンドの運用成績を上回るアクティブファンドは、ごく一部であることが分かります。

 したがって、アクティブファンドの運用成績は、長期的に見て決してインデックスファンドに劣後するわけではありませんが、インデックスファンドを超えるリターンを実現しているアクティブファンドは、極めて限られたものであるということを、理解しておく必要があるのです。

(証券会社、公社債新聞社、金融データシステム勤務を経て2004年にJOYntを設立、代表取締役に就任、著書多数)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■東京2020オリンピック競技大会まであと200日!  東京2020大会のゴールド証券パート…
    2.  2020年1月6日(月)、日本取引所グループ(JPX)は東京証券取引所で新年恒例の「大発会」を…
    3. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2020年7月
    « 6月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る