【狙い場・買い場】シグマクシスの業績に明るさ、利回り4%で中期狙いに最適

狙い場・買い場

シグマクシス(6088・東マ・売買単位100株)は2016年3月期(来期)の収益回復を材料に、本格的な反騰局面に突入する公算が大きい。下押し場面は絶好の拾い場と判断したい。

戦略の立案から業務改善・システム導入まで一貫サポート体制に特色がある。2015年3月期(今期)はシステム構築事業で、これまでの「カスタム開発」から「クラウドサービスとパッケージソフト活用」へのシフトが想定以上に時間が掛かり、営業活動に悪影響が発生した。このため、今期の経常利益を当初予想の9億円から収支トントンへ下方修正を余儀なくされる見通しだ。

これを受けて、株価は2014年8月の906円から10月には422円と急落した。しかし、これで悪材料は完全に織り込んだと判断できる。その後、12月には600円台を回復したものの、今後の業績見通しが不透明なことや、需給関係の悪化が嫌気されて、再び400円台の底値圏で推移している。

こうした展開も終わりつつある。なぜなら、来期の業績見通しに明るさが出始めてきたからだ。クラウド型サプライチェーン・プランニングなどオファリング開発が軌道に乗り、クラウド上の経営支援サービスが本格化する可能性が高まってきた。

このため、2016年3月期(来期)の業績は売上高90億円(今期予想比13.2%増)前後、営業利益6億円(今期予想ゼロ)前後、経常利益6億円(同ゼロ)前後、当期純利益4億円(同ゼロ)前後を確保するという見方が一部に出ている。この時の予想一株当たり利益は20円強となる。

また、特筆すべきは配当である。今期の収益が経常、最終段階でいずれも収支トントンにかかわらず、今期末に年間12円を実施する意向だ。普通の会社なら利益が出なければ、配当は見送るケースが大半である。それでも同社は今期、配当を行なうのは、今後の業績見通しに対して自信を持っている証拠なのである。

来期の予想一株当り利益で計算したPERは24倍、配当利回りは4%と高い。このため3月末に向けて、今後は配当の権利取りの動きを強めてくるものとみられる。また、同社株は2014年12月30日から貸借銘柄として取引することが出来るようになり、商いが一段と活発化することが予想される。現在、信用買い残高は80万株強あり、これが上値を圧迫するという指摘がある。

しかし、来期の業績見通しが明るいことを買い材料にして、買いエネルギーが膨らんでこよう。となると、信用取引の回転が効きはじめ、むしろ需給関係は逼迫することになろう。600円台での活躍が期待される。(志木克己)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ■東京2020オリンピック競技大会まであと200日!  東京2020大会のゴールド証券パート…
    2.  2020年1月6日(月)、日本取引所グループ(JPX)は東京証券取引所で新年恒例の「大発会」を…
    3. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2020年8月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る