ファンデリ―は栄養価を調整した「黒みつゼリーときなこのムース」と「抹茶あんクリーム大福」を健康食宅配サービス『ミールタイム』で発売

■エネルギーやたんぱく質などを調整、砂糖の代わりに自然派甘味料カロリー0「ラカントS」を、生クリームの代わりに「アーモンドミルク」を使用

 ファンデリ―<3137>(東マ)は、栄養価を調整した「黒みつゼリーときなこのムース(2個入り)」と「抹茶あんクリーム大福(4個入り)」を12月1日(木)より、健康食宅配サービス『ミールタイム』で発売する。

 「黒みつゼリーときなこのムース」と「抹茶あんクリーム大福」は、エネルギーやたんぱく質などを調整しているため、メタボ対策やダイエット目的だけでなく、糖尿病、高血圧、腎臓病など食事療法が必要な人向けのスイーツとなっている。体に合わせて、ヘルシー食スイーツ、たんぱく質調整食スイーツの2種類を用意している。

 ヘルシー食スイーツの「黒みつゼリーときなこのムース(2個入り)」は、コクのある黒みつゼリーと、まろやかでやさしい味のきなこのムースの二層で仕上げた和風スイーツ。タピオカのもちっとした食感も楽しめる。また、エネルギーを抑えるため、砂糖の代わりにサラヤ株式会社の自然派甘味料カロリー0「ラカントS」を、生クリームの代わりに「アーモンドミルク」を使用。「ラカントS」は、天然素材から作った自然派甘味料を使用している。そのため、メタボ対策やダイエット目的だけでなく、糖尿病や脂質異常症などで食事療法が必要である人に安心して味わえるスイーツといえる。

 たんぱく質調整食スイーツの「抹茶あんクリーム大福(4個入り)」は、ほろ苦さと香りを楽しめる抹茶あんと、くちどけなめらかなクリームを、やわらかい食感の生地に包み込んだ一口サイズの大福。また、あんにさつま芋を使用することで、通常の大福に比べ、たんぱく質を約44%抑えている。腎臓病や糖尿病性腎症などでたんぱく質の摂取を控える必要がある方でも安心して味わえる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ■東京2020オリンピック競技大会まであと200日!  東京2020大会のゴールド証券パート…
    2.  2020年1月6日(月)、日本取引所グループ(JPX)は東京証券取引所で新年恒例の「大発会」を…
    3. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2020年9月
    « 8月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る