クリナップ:「足ピタ」パターン、『IAUD アウォード』を受賞

■「アクリアバス」などに採用~『足が滑りにくい』ユニヴァーサルデザイン性を評価

 クリナップ<7955>(東1)のシステムバスルームに搭載している「足ピタ」パターンが、一般財団法人国際ユニヴァーサルデザイン協議会(IAUD)主催の「IAUD アウォード2016」で住宅設備部門「IAUD アウォード」を受賞し、表彰式が、「国際ユニヴァーサルデザイン会議2016」の開催に合わせ、12月9日、名古屋国際会議場で行われた。

 また、同社は開催期間中「足ピタ」パターン解説パネルの展示を行った。

 「IAUDアウォード」は、民族、文化、慣習、国籍、性別、年齢、能力等の違いによって生活に不便さを感じることなく、『一人でも多くの人が快適で暮らしやすい』ユニヴァーサルデザイン社会の実現に向け、特に顕著な活動の実践や提案を行っている団体や個人を表彰する。

■浴室に安心感・安全感をもたらした!

 「足ピタ」パターンは、同社のシステムバスルーム「アクリアバス」「ユアシス」の床や、浴槽底面に採用されているが、次の2点が評価されて今回の受賞となった。

(1)転倒の危険が大幅に軽減し、浴室に安心感・安全感をもたらした。
(2)利用者が持つ、安心感や手入れのしやすさという問題を解決した。

 クリナップは、「今後も、多くの人が快適で暮らしやすい社会の実現を目指し、より良い商品を開発・提案していく」と話している。

【足ピタパターンの特長】

(1)溝の深さを従来の約1/3(同社比)とし、足裏との間にできる水の膜を取り除きつつ、十分な接触面積を確保。床表面の微細な凹凸が濡れている足裏に密着し滑りにくい。
(2)同様に凸部の高さを従来の約1/3(同)、その立ち上りの角度を約45度としたことで、凹部の底へもスポンジが届くようになり、溜まった汚れを容易に取り除くことが可能ととなり、清掃性が向上した。
(3)凹部に入り込んだ水は毛細管現象により排水口まで導かれるため、浴室の床が乾燥するまでの時間を短くすることにもつながり、床表面の乾燥性も向上した。

iau12.jpg

足ピタパターンを利用したアクリアバスの「足ピタフロア」

iau13.jpg

 溝の深さが従来の1/3(同社比)になり足裏と床の接触面が広がり水に濡れていても滑りにくく、清掃性、乾燥性も向上。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■NTTやKDDI等が高値更新  4月14日の東京株式市場では、情報・通信業は3営業日続伸し…
    2.  リズム<7769>(東証プライム)は4月13日、リズム史上最大の音量を実現した大音量電波デジタル…
    3. ■発行済み株式の過半数を取得  伊藤忠商事<8001>(東証プライム)は4月5日、米国大手ス…
    2022年5月
    « 4月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る