【新春相場展望】酉(とり)年の株式市場は過去15%上昇、値の荒い年との教訓あるが好機も

◆2017年◆

■安倍政権5年目、過去の首相で在任5年目は非常に良く上昇する傾向とか

 2017年、酉(とり)年の株式市場は、米国でトランプ新大統領が就任し、欧州では国の方針を左右する国政選挙(総選挙)が3月のオランダ、5月のフランス、9月のドイツなどで相次ぐため、国際的な政治・経済の枠組みや風向きの変化に影響される可能性が言われている。

 干支にちなんだ株式相場の格言に「申酉騒ぐ(さるとりさわぐ)」(後段参照)という一説があり、野村證券のWebで証券用語解説集をめくると、「申年と酉年は株価の上下が激しく値動きの荒い年になるという意味」とある。新年早々、何となく気になる話ではある。

 ただし、日経平均の年間騰落率を見ると、酉年は戦後5回巡ってきた中で平均15.0%上昇しており、うし、うま、とらなどの十二支・12種類の全平均(11.0%上昇)を上回るという統計もある。うし、うま、とらなどの十二支の中で5番目に値上がり率の高いという。最も高いのは「辰」。「相場は破壊と創造の繰り返し」とも言われるほどなので、大きく下げる場面があったら好機と見ることで、意外に大きな成果が得られる可能性はありそうだ。

 また、2017年は安倍政権が5年目に入る。大和証券によると、「戦後の日本で政権5年目を迎えた首相はこれまで5人しかいない。そして、たいへん興味深いことに、過去の長期政権での5年目の株式市場は非常に良く上昇する傾向が見られる。長期政権における政権5年目は、株式市場にとって『ゴールデン・イヤー』と言えるのかもしれない」(ダイワ投資情報ウィークリー 2016.12.26・2017.1.4合併号より)。

 「申酉騒ぐ(さるとりさわぐ)」が含まれる干支にちなんだ相場格言は、「辰巳(たつみ)天井、午(うま)尻下がり、未(ひつじ)辛抱、申酉(さるとり)騒ぐ、戌(いぬ)笑い、亥(い)固まる、子(ね)は繁栄、丑(うし)つまずき、寅(とら)千里を走り、卯(う)跳ねる」(野村證券Web証券用語解説集より)となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2. ■フッ化水素などの周辺にも唯一無比な存在が数多い  例えば韓国への輸出規制3品目である高…
    3.  大型連休中の先週、野菜などで作った代替肉の食品メーカー、ビヨンド・ミートが米国でNASDAQ…
    2019年12月
    « 11月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る