【鈴木雅光の投信Now】セゾン投信「ゆうちょダイレクト」での販売開始

 これまで直販のみで販売を行ってきたセゾン投信が、外部金融機関との提携で運用ファンドを販売することになりました。提携先はゆうちょ銀行です。といっても、ゆうちょ銀行の窓口販売ではなく、インターネットサービスである「ゆうちょダイレクト」での販売になります。

 昨年、セゾン投信は楽天証券を運営管理機関とする確定拠出年金を通じて、運用ファンドの提供を発表しました。それも外部金融機関との提携によるものですが、確定拠出年金の場合、税制メリットはあるものの、月々の拠出金額には限度があり、かつ60歳になるまで引き出せないという点に留意する必要があります。

 しかし、ゆうちょダイレクトでの販売は、銀行のインターネットサービスでの販売ですから、購入金額の制限もありませんし、いつでも解約できます。しかも、ゆうちょ銀行のNISA口座にも対応しているので、それを用いて購入すれば、確定拠出年金ほど手厚くはありませんが、一定金額を上限にして運用収益に対する節税効果も得られます。

 セゾン投信が設定・運用しているファンドは2本。「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」と「セゾン資産形成の達人ファンド」です。1月5日時点の純資産総額は、前者が1285億4400万円、後者が383億2200万円です。

 最近は、直販を中心にしている投資信託会社の中にも、銀行などの金融機関を通じて運用ファンドを販売しているところがありますが、セゾン投信はあくまでも「一物一価」を重視しており、ゆうちょダイレクトを通じて販売するファンドについても、販売手数料を取らないノーロード型になります。

 また、信託報酬率も、セゾン投信の直接販売で購入するのと同じ料率設定であり、購入希望者はゆうちょダイレクトでも、セゾン投信の直接販売でも、変わらない条件で購入できます。

 セゾン投信が設定・運用する2ファンドの、ゆうちょダイレクトでの取り扱い開始日は1月30日を予定しています。

(鈴木雅光=証券会社、公社債新聞社、金融データシステム勤務を経て2004年にJOYntを設立、代表取締役に就任、著書多数)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■東京2020オリンピック競技大会まであと200日!  東京2020大会のゴールド証券パート…
    2.  2020年1月6日(月)、日本取引所グループ(JPX)は東京証券取引所で新年恒例の「大発会」を…
    3. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2020年7月
    « 6月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る