ゼリア新薬工業は17年3月期第3四半期累計減益だが通期は増益・増配予想

【アナリスト水田雅展の銘柄分析

 ゼリア新薬工業<4559>(東1)は消化器分野が中心の医療用医薬品事業、および一般用医薬品のコンシューマーヘルスケア事業を展開している。2月8日発表した17年3月期第3四半期累計連結業績は研究開発費増加などで減益だったが、通期は増収増益予想・増配予想である。株価は第3四半期累計の減益を嫌気する形となったが、目先的な売りが一巡して戻りを試す展開が期待される。

■消化器分野が中心の医薬品メーカー

 消化器分野が中心の医療用医薬品事業、および一般用医薬品のコンシューマーヘルスケア事業を展開している。16年3月期のセグメント別売上高構成比は、医療用医薬品事業53.8%、コンシューマーヘルスケア事業46.0%、その他(保険代理業・不動産賃貸収入)0.3%だった。海外売上高比率は20.0%だった。

 医療用医薬品事業は潰瘍性大腸炎治療剤「アサコール」を主力として、H2受容体拮抗剤「アシノン」や亜鉛含有胃潰瘍治療剤「プロマック」なども展開している。13年6月には自社開発の機能性ディスペプシア治療剤「アコファイド」を発売し、アステラス製薬<4503>と共同で早期の市場浸透を目指している。14年9月には日本で初めて月経前症候群の効能を取得した西洋ハーブ・ダイレクトOTC医薬品「プレフェミン」(要指導医薬品)を販売開始した。

 コンシューマーヘルスケア事業はヘパリーゼ群、コンドロイチン群、ウィズワン群を主力としている。16年7月には化粧品分野でコンドロイチン、スクワラン、エーデルワイスエキス、浸透型アミノ酸、NMF(天然保湿因子)の5つの保湿成分を配合したリップクリーム「モレナ リッチリップ」を販売開始した。16年9月には坐薬タイプの便秘薬「ウィズワン坐剤」(第3類医薬品)を販売開始した。16年10月には薬局・ドラッグストア向けで第2類医薬品のミニドリンク剤「ヘパリーゼ・キングプラス」および「ヘパリーゼ・キングX」を販売開始した。

■グローバル展開を推進

 M&Aを活用してグローバル展開も推進している。08年10月基礎化粧品のイオナ、09年9月「アサコール」の開発会社ティロッツ社(スイス)、10年9月コンドロイチン原料のZPD社(デンマーク)を子会社化した。13年8月ビフォーファーマ社(スイス)と鉄欠乏症治療剤「Ferinject」の日本国内における独占的開発・販売契約締結、ZPD社の株式を追加取得して完全子会社化した。15年4月ベトナムの中堅医薬品製造販売会社F.T.Pharma社の株式49.0%を取得した。当社グループのアジア展開の拠点とする。

■アストラゼネカのIBD治療剤の権利取得

 15年7月には子会社ティロッツ社(スイス)がアストラゼネカ社から、炎症性腸疾患(IBD)治療剤「Entocort」(一般名:ブデソニド)の米国を除く全世界における権利を取得した。

 炎症性腸疾患(IBD)は潰瘍性大腸炎(UC)およびクローン病(CD)を含めて、世界中に約500万人の患者が存在すると推定されている疾患である。米国を除く全世界40ヶ国以上でCDを適応として販売されているIBD治療剤「Entocort」の権利取得により、IBD治療においてUCの第1選択薬として用いられている「アサコール」を補完することが可能になる。

 15年10月クローン病を適応症として国内製造販売承認を申請し、16年9月国内でのクローン病治療剤「ゼンタコートカプセル」(IBD治療剤「Entocort」)の製造販売承認を取得、16年11月発売開始した。

■消化器分野を最重点領域として新薬開発を推進

 新薬開発は消化器分野を最重点領域と位置付けて、国際的に通用する新薬の創製を念頭に置き、自社オリジナル品の海外での臨床試験を積極的に推進するとともに、海外で実績のある薬剤を導入して国内での開発を進めている。

 14年8月エーザイ<4523>の新規化合物「E3710」(プロトンポンプ阻害剤:PPI)に関するライセンス契約を締結した。エーザイは当社に対して「E3710」の日本における独占的開発権、共同販促権、非独占的製造権を付与し、開発および製造販売承認は当社が行う。承認取得後は両社で共同販促を行う。

 潰瘍性大腸炎を適応症として「アサコール」の用法・用量を追加する「Z-206」(一般名メサラジン、協和発酵キリンとの共同開発)は承認申請中、膵臓癌を適応症とする「Z-360」は日本を含むアジア地域でフェーズ2国際共同治験中、エーザイから導入した長時間作用型プロトンポンプ阻害剤「Z-215」は逆流性食道炎を適応症としてフェーズ2段階、子宮頸癌を適応症とする「Z-100」は日本を含むアジア地域でフェーズ3国際共同治験中、ビフォーファーマ社から導入した鉄欠乏性貧血治療剤「Z-213」はフェーズ3段階である。

 海外は、中国で潰瘍性大腸炎を適応症として「Z-206」(メサラジン)を承認申請中、潰瘍性大腸炎を適応症とする「TP05」(メサラジン)は欧州・カナダでフェーズ3段階である。自社開発「Z-338」(アコファイド)は欧州で機能性ディスペプシアを対象としたフェーズ3を実施し、北米ではフェーズ2が終了した。導入品で家族性大腸腺腫症を適応症とする「TP09」は欧州・米国でフェーズ3段階である。

■収益改善基調

 四半期別業績推移を見ると、15年3月期は売上高が第1四半期147億15百万円、第2四半期154億21百万円、第3四半期156億46百万円、第4四半期152億30百万円、営業利益が8億58百万円、14億21百万円、10億61百万円、6億62百万円の赤字、16年3月期は売上高が147億25百万円、156億18百万円、167億11百万円、154億21百万円、営業利益が10億27百万円、10億87百万円、16億78百万円、7億73百万円だった。

 15年3月期はライセンス収入やロイヤリティ収入の減少、新規開発テーマ導入費用の発生、治験進捗による研究開発費の増加などで大幅減益だったが、16年3月期は研究開発費減少も寄与して医療用医薬品事業の損益が大幅に改善した。

 16年3月期の差引売上総利益は15年3月期比4.7%増加し、差引売上総利益率は71.3%で同1.6ポイント上昇した。販管費は同0.3%増加したが、販管費比率は64.0%で同1.3ポイント上低下した。研究開発費は同13.2%減少して85億79百万円だった。ROEは5.6%で同1.4ポイント上昇、自己資本比率は53.5%で同11.5ポイント低下した。配当は同1円増配の年間31円(第2四半期末15円、期末16円)で配当性向は46.9%だった。

 なお医療用医薬品事業は売上高が同0.5%減の335億80百万円で営業利益(連結調整前)が同56.5%増の30億24百万円、コンシューマーヘルスケア事業は売上高が同6.1%増の287億41百万円で営業利益が同13.4%増の66億16百万円、その他(保険代理業・不動産賃貸収入)は売上高が同3.4%減の1億52百万円で営業利益が同2.8%増の2億40百万円だった。

■17年3月期第3四半期累計は減益

 2月8日発表した今期(17年3月期)第3四半期累計(4~12月)の連結業績は売上高が前年同期比4.2%増の490億43百万円、営業利益が同4.0%減の36億41百万円、経常利益が同7.0%減の35億02百万円、そして純利益が同13.8%減の28億73百万円だった。

 医療用医薬品事業、コンシューマーヘルスケア事業とも増収だったが、研究開発費などの経費が増加して減益だった。差引売上総利益は同5.9%増加し、差引売上総利益率は72.4%で同1.2ポイント上昇した。販管費は同7.2%増加し、販管費比率は65.0%で同1.8ポイント上昇した。営業外では為替差損が増加(前期億74百万円、今期1億94百万円)した。特別利益では投資有価証券売却益が減少(前期10億87百万円、今期7億74百万円)した。

 セグメント別には、医療用医薬品事業は売上高が同1.1%増の258億21百万円で営業利益(連結調整前)が同50.3%減の13億37百万円だった。潰瘍性大腸炎治療剤「アサコール」は国内が薬価改定や後発品の影響で苦戦したが、海外が堅調に推移した。アストラゼネカ社から権利取得した炎症性腸疾患(IBD)治療剤「Entocort」は順調に推移した。機能性ディスペプシア治療剤「アコファイド」も市場構築がやや遅れている。

 コンシューマーヘルスケア事業は売上高が同8.0%増の231億14百万円で営業利益が同24.5%増の61億27百万円だった。テレビCMなどの広告宣伝活動によって製品認知度が向上し、製品ラインナップ強化も奏功してコンビニ向けヘパリーゼW群が好調だった。コンドロイチン群も圧倒的な市場シェアを堅持した。その他(保険代理業・不動産賃貸収入)は売上高が同9.9%減の1億07百万円、営業利益が同3.4%増の1億87百万円だった。

 四半期別の業績推移を見ると、売上高は第1四半期164億88百万円、第2四半期158億25百万円、第3四半期167億30百万円、営業利益は17億20百万円、14億28百万円、4億93百万円だった。

■17年3月期通期は増収増益・増配予想

 今期(17年3月期)通期の連結業績予想は、前回予想(5月13日公表)を据え置いて、売上高が前期(16年3月期)比5.6%増の660億円、営業利益が同5.1%増の48億円、経常利益が同3.4%増の46億円、純利益が同2.5%増の36億円としている。配当予想は同1円増配の年間32円(第2四半期末16円、期末16円)で予想配当性向は47.2%となる。

 医療用医薬品事業では、国内は薬価改定や後発品の影響を受けるが、潰瘍性大腸炎治療剤「アサコール」が海外で伸長し、炎症性腸疾患(IBD)治療剤「Entocort」の通期寄与、機能性ディスペプシア治療剤「アコファイド」の市場構築などで増収を見込んでいる。コンシューマーヘルスケア事業では、ヘパリーゼ群やコンドロイチン群が引き続き好調に推移する。研究開発費が高水準に推移して広告宣伝費も増加するが、増収効果で吸収して増益・増配予想である。

 通期会社予想に対する第3四半期累計の進捗率は売上高が74.3%、営業利益が75.9%、経常利益が76.1%、純利益が79.8%と順調な水準である。研究開発費や広告宣伝費が高水準で推移すること、炎症性腸疾患(IBD)治療剤「Entocort」の事業展開に積極投資を予定していること、為替相場が不透明であることなどを要因として通期予想を据え置いたが、増額余地がありそうだ。

■株主優待は毎年9月末と3月末の年2回実施、優待品を追加

 株主優待制度は毎年9月末および3月末現在の株主に対して自社グループ商品を贈呈している。5月13日に優待品の追加を発表した。1000株以上所有株主に対しては、従来はA~Eの5コースの中から1コースを選択していたが、Fコースを追加して6コースの中から1コースを選択する。なお100株以上~1000株未満所有株主に対しては、内容については従来から変更はなく、コース名をFコースからGコースに変更して贈呈する。

■株価は目先的な売り一巡して戻り試す

 株価の動きを見ると、第3四半期累計の減益を嫌気する形となり、1800円近辺のモミ合いから急落したが、1700円近辺で下げ渋る動きだ。目先的な売りが一巡したようだ。

 2月13日の終値1695円を指標面で見ると、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS67円78銭で算出)は25倍近辺、今期予想配当利回り(会社予想の年間32円で算出)は1.9%近辺、そして前期実績連結PBR(前期実績の連結BPS1199円94銭で算出)は1.4倍近辺である。時価総額は約900億円である。

 週足チャートで見ると26週移動平均線を割り込んだが、目先的な売りが一巡して戻りを試す展開が期待される。(日本インタビュ新聞アナリスト水田雅展)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. 隠れた関連株として注目  本2018年も、スポーツイベントが目白押しである。今年2月の韓国・平昌冬…
    2. 花粉症シーズン到来で再注目  冬本番である。「冬来たりなば春遠からじ」と「春よ、早く来い」と希うの…
    3. 日経平均株価=1万8700円~2万4000円を予想  日経平均株価は、11月9日に23382.15…
    2018年12月
    « 11月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
    IRインタビュー 一覧

    Eストアーの石村賢一社長に聞く 翻訳センターの東郁男社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く 協立情報通信の長谷川浩社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨシムラ・フード・ホールディングスの吉村元久社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く セキドの関戸正実社長に現況を聞く アルコニックスの正木英逸社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く トレックス・セミコンダクターの藤阪知之社長に聞く イーグランドの代表取締役社長江口久氏に聞く ミロク情報サービスの是枝周樹社長に聞く 日本マニュファクチャリングサービスの小野文明社長に聞く 日本エム・ディ・エムの大川正男社長に聞く 建設技術研究所の村田和夫社長に聞く 東京個別指導学院の的場一成社長に聞く ビューティガレージの野村秀輝社長に聞く サンコーテクノの洞下英人社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る