【話題】クリナップ:休日は専業主婦も休みたい

話題

■「キッチン白書2017」Webでも公開

 ステンレスキッチンの専業メーカーであるクリナップ<7955>(東1)は、これまで継続的に実施してきたキッチンにまつわる生活者実態調査を「キッチン白書2017」としてまとめ公開した。

hakusyo1.jpg

■共働き主婦世帯とは真逆の状態が浮き彫りに

 今回の調査では、「調理行動と整理収納」に関する6つの傾向が明らかになり、特に調理行動では、専業主婦と共働き主婦の調理時間が真逆の状態であることが浮き彫りになった。
 共働き主婦は、平日は時短調理派が多いが、休日はじっくり調理派・まとめ調理派が増え、一方、専業主婦は休日になると料理を休み、他のことに時間を活用していることがうかがえる結果となった。

■調査から見えた6つの傾向

1)作る料理ジャンルは、年代を問わず和食が1位となっているが、若年層ほど和食の割合が減り、洋食が増える。
2)時間配分については、「共働き世帯の主婦」は、平日は時短調理派が多いが、休日はじっくり調理派が増える。
一方、「専業主婦」は、休日の調理時間が大幅に減少し、時間を調理以外に有効活用している傾向が見られる。
3)キッチンの種類は、賃貸住宅、独立型キッチンに収納スペース不足を感じている人が多い。
4)整理収納(保有物)については、60代以上で、子供の自立などがきっかけとなるのか、大型の調理器具の保有を見直している傾向がある。
5)整理収納(場所)については、使用頻度で鍋の収納場所は使い分けている。
6)キッチンに置いている、調理・清掃以外でつかうものでは、1位:サプリメント、2位:文房具、3位:医薬品となっている。

【ご参考】
〇キッチンレイアウト

kitchi1.jpg

dk1.jpg

〇料理ジャンル

jyanru1.jpg

wayou1.jpg

〇収納の過不足

syuunou1.jpg

「キッチン白書2017」の詳細は、ウェブサイト
http://cleanup.jp/oikura/)で公開している。

※【調査方法等】全国の地域で20~70代の同居家族がいる既婚主婦を対象に、調査項目約30項目についてインターネットによるアンケート調査を実施し、1,500名から回答を得た。

【注】おいしい暮らし研究所」とは・・・
 キッチンを通じた、楽しいふれあいの場作りに貢献するために、生活者の食や暮らしに関する情報の収集、調査・分析を行っている同社の研究部門。

【クリナップ業績】
 同社の業績実績・財務内容は、同社ホームページ(アドレス)ご参照。
https://cleanup.jp/ir/hilight.shtml

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ■CSRは投資における重要な判断基準 従来、企業は経済的な組織として売上高や利益などの経済的成果によ…
    2. 雪 豪雪
      ■あじかんは弁当特需など連想するが10日発表の決算や業績予想が主因の見方  西日本の日本海側を…
    3.  1月末に講演のため北海道の苫小牧と室蘭に出かけたが、春節の直前の時期だったために、新千歳空港や移動…
    2017年4月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    Speakers corner

    Speakers corner

    IRインタビュー 一覧

    アイビーシーの加藤裕之社長に聞く 翻訳センターの東郁男社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨシムラ・フード・ホールディングスの吉村元久社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く JPホールディングスの荻田和宏社長に経営への取組みを聞く セキドの関戸正実社長に現況を聞く アルコニックスの正木英逸社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く トレックス・セミコンダクターの藤阪知之社長に聞く イーグランドの代表取締役社長江口久氏に聞く ミロク情報サービスの是枝周樹社長に聞く 日本マニュファクチャリングサービスの小野文明社長に聞く 日本エム・ディ・エムの大川正男社長に聞く 建設技術研究所の村田和夫社長に聞く 東京個別指導学院の的場一成社長に聞く ビューティガレージの野村秀輝社長に聞く サンコーテクノの洞下英人社長に聞く オプト社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る