はてなの今17年7月期第2四半期は、事業環境良好で大幅増収増益

■通期業績予想に対する進捗率は利益面で前年同期を大きく上回っていることから上振れも期待できる

 はてな<3930>(東マ)の今17年7月期第2四半期は、事業環境は良好で、大幅増収増益となった。

 第2四半期業績は、売上高9億09百万円(前年同期比26.1%増)、営業利益1億95百万円(同40.1%増)、経常利益1億96百万円(同50.7%増)、純利益1億20百万円(同44.7%増)となった。

 インターネット上で利用者自身がテキストや画像、映像などのコンテンツを発信することができる場を提供する、ブログを始めとしたUGC(User Generated Contentの略)サービスの利用は、スマートフォンなど情報通信端末の普及に沿ってますます拡大している。このように、同社にとっては、事業環境は良好なことから、業績は順調に推移している。

 同社は、この様な状況の中で、コンテンツマーケティングサービス、コンテンツプラットフォームサービス、テクノロジーソリューションサービスに注力した。
 コンテンツマーケティングサービスでは、「はてなブログMedia」サービスの提供が拡大するほか、サービスに係る広告売上が増加した。
 コンテンツプラットフォームサービスでは、サービスに係るアフィリエイト広告売上や課金売上が堅調に推移した。
 テクノロジーソリューションサービスでは、受託サービスについて前事業年度に受注した開発案件の納品・検収が完了し、受託売上が堅調に推移するとともに、既存取引先への運営サービスも着実に展開することができた。また、当事業年度に新規受注した開発案件の納品・検収が完了し、取引先拡大を着実に進めている。クラウド支援サービス「Mackerel」では、新規取引先の獲得が堅調に推移し、更なる事業基盤を整備している。

 通期業績予想に対する進捗率は、売上高48.7%(前年同期46.2%)、営業利益77.0%(同55.1%)、経常利益77.7%(同55.3%)、純利益80%(同57.6%)と利益面で前年同期を大きく上回っていることから上振れも期待できる。(TA)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ■東京2020オリンピック競技大会まであと200日!  東京2020大会のゴールド証券パート…
    2.  2020年1月6日(月)、日本取引所グループ(JPX)は東京証券取引所で新年恒例の「大発会」を…
    3. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2020年4月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る