【材料で見る株価】東京製綱トルコのイズミット湾横断橋のワイヤロープを納入、今後、米国など世界各国から受注が舞い込む公算

材料でみる株価

東京製綱<5981>(東1・売買単位1000株は)米国つり橋建て替え向けにワイヤロープの需要拡大が期待される。

同社はワイヤロープの最大手メーカーで、つり橋や超高層エレベーター向けが主力となっている。このほか、電力・通信ケーブルなど幅広く活用されているワイヤ(鋼線)や、タイヤの補強に欠かすことが出来ないスチールコード、ワイヤ製品に関連する土木建設機械の販売なども手掛け、事業別の売上高構成比はワイヤロープを主体とした鋼索鋼線事業が40%、スチールコード22%、不動産事業2%、その他13%となっている。

ワイヤロープの製造技術は同社が世界的にもトップクラスにある。このほど、トルコのイズミット湾横断橋に使用されるワイヤロープを同社が納入を開始した。この橋はイズミット湾を南北に結ぶ全長約2907メートルのつり橋で、世界第4位の規模となる。現在、フェリーまたは自動車道で約1時間かかる横断時間はこの橋を利用すると約6分に短縮されことから、その経済的な貢献は大きい。2015年度の完工が予定されている。

さらに今後、米国でのつり橋建て替え向けに同社のワイヤロープの需要が盛り上がる公算が大きい。米国では建設されてから、100年以上経過したつり橋が数多く存在する。耐久年数から判断して、古くなったつり橋の建て替えがこれから、本番を迎えるという。問題はつり橋に使用されるワイヤロープである。米国にはワイヤロープのメーカーが1社もない。このため、同社に需要が舞い込む可能性が高い。ワイヤロープ製造の技術は簡単ではなく、同社の独壇場となるものと期待されている。

同社の今3月期業績は期初予想の前期比15.3%の経常減益、同45.2%の最終減益から、同1.6%の経常増益、同22%の最終減益へ上方修正をした。これは、つり橋向けに加えて超高層ビル向けエレベーター向けワイヤロープ、タイヤ向けスチールコードの需要好調が要因だ。来期以降も経常増益を維持することが見込まれる。

170円~180円どころでシコリ玉が残っており、これを解消するには多少時間が必要かも知れない。信用買い残高が高水準で推移しており、正直に言って需給関係は良くない。ただ、来期以降の増益を期待すれば、下値を大きく割り込む可能性は低いと見ている。業績の向上がハッキリしてくれば、下値に買い物が入り需給関係は改善に向おう。下値をジックリ拾って、50円から60円高を狙っていきたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1.  大型連休中の先週、野菜などで作った代替肉の食品メーカー、ビヨンド・ミートが米国でNASDAQ…
    2. ■前3月期の営業利益2.1倍など業績の大幅回復とともに注目強まる ミサワホーム中国<17…
    3. クリナップ<7955>(東1)は、3月5日から3月8日まで東京ビッグサイトで開催された「建築・建材…
    2019年9月
    « 8月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る