【株式市場】5ヵ月ぶり円高の1ドル108円台が響き日経平均はが3日続落となり年初来の安値を更新

株式

◆日経平均の大引けは1万8426円84銭(125円77銭安)、TOPIXは1468.31ポイント(11.23ポイント安)、出来高概算(東証1部)は19億5868万株

チャート14 13日後場の東京株式市場は、円高の進行は止まったが5ヵ月ぶりの1ドル108円台を保ったため手控え色が強く、前場は小高かったファーストリテイリング<9983>(東1)などが下げ歩調を強めた。日経平均は前場の安値(212円17銭安の1万8340円44銭)を割らなかったが上値を重く、大引けにかけて多少持ち直したが3日続落の年初来安値更新となった。東証2部指数、マザーズ指数、日経JASDAQ平均などはそろって安い。

 後場は、日本金銭機械<6418>(東1)がカジノ導入を巡る期待などから堅調に転じてさらにジリ高となり、ペプチドリーム<4587>(東1)は技術供与先からのロイヤリティ収入などが材料再燃となり反発。関西電力<9503>(東1)ぷらっとホーム<6836>(東2)はインテルが両社とともにスマートホームを実現するIoTプラットフォームの実証実験を開始と発表したため期待が集まり急伸。インテリジェント ウェイブ<4847>(JQS)は大手損害保険からAI(人工知能)技術を活用した新製品「OpAI(オーピーエーアイ)」を利用した開発プロジェクトを受注したことなどが言われて一段ジリ高。

 東証1部の出来高概算は19億5868万株(前引けは9億7324万株)、売買代金は2兆2590億円(同1兆708億円)。1部上場2015銘柄のうち、値上がり銘柄数は543(同343)銘柄、値下がり銘柄数は1374(同1591)銘柄。

 また、東証33業種別指数は電力・ガス、水産・農林、パルプ・紙、の3業種のみ値上がり(前引けは電力・ガス、水産・農林の2業種のみ値上がり)した。(HC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ■東京2020オリンピック競技大会まであと200日!  東京2020大会のゴールド証券パート…
    2.  2020年1月6日(月)、日本取引所グループ(JPX)は東京証券取引所で新年恒例の「大発会」を…
    3. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2020年8月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る