ソーバルは新規顧客の開拓が進み、今期18年2月期売上高は過去最高を更新する見込み

■新規取引先の中でも、日立グループの売上高が最も大きく、数年後には大口の取引先に

 独立系システム開発のソーバル<2186>(JQS)は、新規顧客の開拓が進み、今期18年2月期売上高は過去最高を更新する見込み。

 17年2月期の売上構成比は、キャノングループ52.2%(16年2月期58.4%)、ソニーグループ12.7%(同10.8%)、富士通グループ8.5%(同9.8%)、NTTグループ2.8%(同3.1%)、その他23.8%(同17.9%)であった。

 ソニーグループとその他の比率がアップしている。中でも新規の売上が含まれているその他は5.9ポイント上昇した。その結果、新規取引先全体の売上高は3億42百万円となった。新規取引先の中でも、日立グループの売上高が最も大きく、今後、自動運転技術を中心に自動車関連案件の展開を加速する計画で、数年後には、大口の取引先に成長すると見ている。

 ちなみに、総取引先の社数は、15年119社、16年152社、17年159社と年々増加している。

 18年2月期連結業績予想は、売上高81億20百万円(前期比2.6%増)、営業利益5億70百万円(同15.5%増)、経常利益5億69百万円(同13.8%増)、純利益3億81百万円(同9.6%増)を見込む。

 今期は、売上高の安定性確保と拡大、利益水準の向上を目標としている。

 売上に関しては、主要顧客との取引ボリュームを維持し、拡大余地のある既存顧客からの受注獲得に努める。また、新規分野の顧客獲得を優先し、継続して顧客層の拡大に努めるとしている。

 利益水準の向上については、効率的な人材配置により、人材配置転換コストを削減すると共に、プロジェクトリーダー、プロジェクトマネージャーの育成により、プロジェクト管理の徹底に努め、不採算プロジェクトの発生を防ぐとしている。ちなみに、今期は新卒者を49名採用している。

 配当に関しては、45円と3円の増配を予想している。株主優待は、1単元以上5単元未満の株主に対しては500円相当のクオカードを、5単元以上の株主には2000円相当のクオカードを贈呈する。

 トピックスとしては、日立グループとの取引強化、大手ITサービス企業との協業強化、IоT分野への本格参入を挙げている。

 日立グループとの取引強化に関しては、先述しているように、自動運転技術を中心に自動車関連案件の展開を加速し、幅広い技術習得を通じて技術力の底上げ、ノウハウの蓄積を実現する計画。自動運転技術に関しては、同社との親和性が高く、順調に拡大するものと期待されている。

 大手ITサービス企業との協業強化については、国内大手ベンダーの営業力と同社のブリッジSEによる提案・調整力を融合し、受託案件の発掘と獲得を強化する。一方で、開発プロセスの改善、各種開発・監理のツール活用による採算性の向上を目指す。

 IоT分野への本格参入は、4月1日にユビキタス社からIоTプラットフォーム関連事業を譲受している。ユビキタス社とは事業譲受後もIoT事業分野で提携し、ユビキタス社の組込み製品、事業譲受したIoTプラットフォーム、さらに同社のソフトウェア開発技術はもとより、今後注力していくAIやクラウドとの連携により、新たなソリューションとして提供していく予定。

 独立系のシステム開発企業として、大口取引先との関係を深める一方で、新規顧客開拓にも注力し、着実に取引社数を伸ばしている。背景には、同社の技術力とノウハウの蓄積があることから、今後の事業展望も明るいといえる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ロータス投資研究所代表、中西文行 氏 テクニカルでは16000円割れに 世界の主要株価指数は、18年…
    2. 2019年相場展望 米中貿易摩擦の動向に左右される展開 2018年の東京株式市場は、欧米の長期金利の…
    3. シニアアナリスト:水田雅展 2019年は前半が調整色でも年末高に向かう可能性  2019年の株式…
    2019年8月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る