【話題】JR東日本の観光クルーズ列車「四季島」出発、豪華寝台は東洋紡とフランスベッド

◆「高密度連続スプリング」など駆使し寝心地に興味集まる

 JR東日本(東日本旅客鉄道)<9020>(東1)は2日の前場1万120円(10円高)と小高い程度にとどまった。3泊4日で最高95万円(2人1室利用)という豪華観光クルーズ列車「トランスイート四季島」の運行を5月1日に始めたと伝えられ、注目する様子はあったが、話題先行の印象がある。

 ただ、「既に来年3月末までの出発分は全席完売しており、JR東日本は近日中にも2018年度運行分を公表する」「季節によってルートを変更。山梨県と長野県、福島県などを回る1泊2日のコースも用意」(日本経済新聞5月2日付朝刊より)など、人気は上々のスタートとなったようだ。

 この観光専用列車の「豪華寝台」はフランスベッドホールディングス<7840>(東1)のフランスベッドと東洋紡<3101>(東1)によって作られたという。JR東日本が東北・上越などの新幹線の車内で無料配布している月刊の旅行雑誌「トランヴェール」5月号は、この豪華寝台列車「トランスイート四季島」の特集号になっており、この中に、「四季ある島の眠りの至宝」というフレーズで両社による広告が載っている。

 これによると、「豪華寝台」は、東洋紡のマットレス素材である三次元スプリング構造体「ブレスエアーエクストラ」とフランスベッドの「高密度連続スプリング」によって作られ、「理想的な寝姿勢と抜群の通気性を実現したマットレス」だそうだ。

 夜行列車の「B寝台」しか知らない身には寝心地の想像がつかないが、東洋紡は前場199円(2円高)となり、小高い程度だが4月以降の回復相場で戻り高値を更新した。フランスベッドホールディングスも942円(2円高)となって戻り高値を更新した。1日に出発した「トランスイート四季島」は5月4日、東京・上野駅に戻ってくるという。「豪華寝台」の寝心地は果たしていかがだろうかと注目する様子がある。(HC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1.  大型連休中の先週、野菜などで作った代替肉の食品メーカー、ビヨンド・ミートが米国でNASDAQ…
    2. ■前3月期の営業利益2.1倍など業績の大幅回復とともに注目強まる ミサワホーム中国<17…
    3. クリナップ<7955>(東1)は、3月5日から3月8日まで東京ビッグサイトで開催された「建築・建材…
    2019年9月
    « 8月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る