アールシーコアは18年3月期増収・2桁営業増益予想

【アナリスト水田雅展の銘柄分析

 アールシーコア<7837>(JQ)はログハウスのオリジナルブランド「BESS」を販売している。18年3月期増収・2桁営業増益予想である。中期経営計画では20年3月期営業利益率8%やROE18%などの目標を掲げている。株価は調整一巡して反発展開が期待される。

■ログハウスのオリジナルブランド「BESS」を販売

 自然材をふんだんに使った個性的な木の家であるログハウスのオリジナルブランド「BESS」の販売を、国内直販部門、連結子会社BESSパートナーズ(BP)社、および国内販社で展開している。FCを中心とした事業展開で高資本効率を実現している。

 17年3月期のセグメント別売上構成比(連結調整前)は直販部門27%、販社部門61%、BP社11%、北米部門(16年7月カナダの連結子会社を売却して連結除外)1%である。収益は直販部門とBP社の「BESS」売上、販社からのロイヤリティ収入および販社へのキット部材売上などである。物件引き渡し件数・時期などで四半期収益は変動しやすい収益特性がある。 17年3月期末の契約販社数(BP社含む)は26社、営業拠点数は全国42拠点(直営2拠点、BP社3拠点、販社37拠点)である。国内直販部門では東京・代官山「BESSスクエア」と神奈川県「BESS藤沢展示場」の直営展示場2拠点、およびタイムシェア別荘施設「フェザント山中湖」も運営している。

■中期経営計画で20年3月期営業利益率8%やROE18%など目標

 新中期経営計画(18年3月期~20年3月期)では、目標数値として20年3月期売上高200億円、営業利益率8%、ROE18%、重点戦略としてBESSファンが集う「触媒力」の拡大、新時代の暮らし方「梺(ふもと)ぐらし」創出、BESSブランドを旗印に「販社制度」の強化、そして「生産革新」の実行を掲げている。

■17年3月期は増収減益

 5月12日発表した前期(17年3月期)の連結業績は、売上高が前々期(16年3月期)比4.7%増の129億02百万円、営業利益が同11.5%減の6億66百万円、経常利益が同8.5%減の6億79百万円、純利益が同25.1%減の3億82百万円だった。契約(受注)高は同3.5%増の122億87百万円、期末契約(受注)残高は76億29百万円となった。

 期首の豊富な繰越契約残高を背景として売上が順調に推移したが、人員増に伴う人件費の増加、本社ビルの賃料増加などで減益だった。売上総利益は同3.0%増加したが、売上総利益率は32.8%で同0.5ポイント低下した。販管費は同6.2%増加し、販管費比率は27.6%で同0.4ポイント上昇した。特別損失では関係会社株式売却損1億15百万円を計上した。

 ROEは8.2%で同3.5ポイント低下、自己資本比率は45.9%で同1.0ポイント上昇した。配当は同2円増配の年間47円(第2四半期末23円、期末24円)とした。配当性向は54.8%である。

 セグメント別(連結調整前)に見ると、直販部門は契約高が同15.4%増の42億60百万円、売上高が同3.9%増の37億15百万円、営業利益が同43.7%増の3億46百万円だった。新規来場者数が同3.3%増と好調に推移し、新人営業の営業力強化も進展した。単価の高いログシリーズの契約が増加して1棟当たり単価も上昇し、施工効率改善も寄与した。

 販社部門は、契約高が同7.5%減の61億05百万円、売上高が同5.3%増の83億08百万円、営業利益が同5.7%減の14億54百万円だった。売上高は期首の豊富な繰越契約残高を背景として順調に推移したが、契約高は一部拠点の運営販社再編の影響で減少した。利益面では業容拡大に伴う販管費の増加が影響した。

 BP社は、契約高が同22.8%増の19億12百万円、売上高が同7.3%増の15億16百万円、営業利益が20百万円の赤字(前々期は22百万円の黒字)だった。営業員の戦力化が進展して契約高が大幅増加し、期首の豊富な繰越契約残高からの売上が順調に推移したが、利益面ではBESS北陸から譲り受けた金沢展示場における契約の売上計上が今期(18年3月期)以降になることが影響した。北米部門はカナダBFM社の売却が16年7月に完了し、売上高が同81.2%減の1億16百万円、営業利益が同62.7%減の6百万円だった。

 四半期別業績推移を見ると、契約(受注)高は第1四半期18億41百万円、第2四半期41億78百万円、第3四半期22億13百万円、第4四半期40億55百万円、売上高は29億12百万円、36億23百万円、30億24百万円、33億43百万円、営業利益は54百万円、3億35百万円、61百万円、2億16百万円だった。

■18年3月期は増収・2桁増益予想

 今期(18年3月期)の連結業績予想(5月12日公表)は、売上高が前期(17年3月期)比10.1%増の142億円、営業利益が同12.6%増の7億50百万円、経常利益が同4.6%増の7億10百万円、純利益が同20.2%増の4億60百万円としている。

 期首の豊富な繰越契約残高からの売上が順調に推移して、増収・2桁営業増益予想としている。19年秋には秋田県・千秋の展示場がオープンする予定だ。配当予想は同1円増配の年間48円(第2四半期末24円、期末24円)としている。連続増配で予想配当性向は46.8%となる。

■株主還元はDOEを重視、株主優待は3月末と9月末に実施

 利益配分については、DOE(純資産配当率)を重視した長期的視点での安定配当を行うことを基本とし、当面はDOEを7%程度まで高めることを目標としている。

 株主優待制度については年2回実施している。毎年3月末・9月末時点での100株以上保有株主に対して、保有株数に応じて「BESS指定工事請負契約にかかる優待割引」「フェザント山中湖タイムシェア・別荘オーナー制度・メンバー制度の優待割引」「フェザント山中湖宿泊利用割引・サービス利用割引」「BESSオリジナル外部用防腐スプレー販売割引」などの優待券を贈呈している。

■株価は調整一巡して反発期待

 株価の動きを見ると、4月12日の直近安値1033円から切り返して調整一巡感を強めている。

 5月19日の終値1081円を指標面で見ると、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS102円48銭で算出)は10~11倍近辺、今期予想配当利回り(会社予想の年間48円で算出)は4.4%近辺、前期実績連結PBR(前期実績の連結BPS1073円82銭で算出)は1.0倍近辺である。時価総額は約49億円である。

 週足チャートで見ると26週移動平均線がサポートラインの形だ。調整一巡して反発展開が期待される。(日本インタビュ新聞社アナリスト水田雅展)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ■東京2020オリンピック競技大会まであと200日!  東京2020大会のゴールド証券パート…
    2.  2020年1月6日(月)、日本取引所グループ(JPX)は東京証券取引所で新年恒例の「大発会」を…
    3. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2020年4月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る