【話題】「RIZAP銘柄」に暗雲?、1ヵ月半で5倍の夢展望に「上場廃止猶予」発動

話題

■ここ高騰のジーンズメイト、堀田丸正、パスポート、ぱど、などに心理的な影響を懸念

 東証は30日の取引終了後、東証マザーズ上場の夢展望<3185>(東マ)株式の「上場廃止に係る猶予期間入り」を発表した。同日提出した2017年3月期の有価証券報告書により、同3月末での債務超過が確認されたため。猶予期間は同3月期末までさかのぼり、17年4月1日から18年3月31日までとした。

 同社株はこのところ大幅続伸となって活況高を続けており、30日は18%高の1625円(252円高)。パーソナルトレーニングジムのRIZAPグループ<2928>(札幌)が出資する企業のひとつで、出資を受けた企業同士の提携・協業に対する期待や思惑が言われ、約1ヵ月半の間に5倍近く高騰した。

 同様にRIZAPグループが出資する銘柄は30日も軒並み上げており、ジーンズメイト<7448>(東1)は2日連続ストップ高の17.4%高となり6月初からみると2倍近くに高騰。堀田丸正<8105>(東2)は30日9.9%高程度だったが6月初から見ると2.8倍に高騰。マルコ<9980>(東2)は6月初から8割高となり、パスポート<7577>(JQS)は6月初からほぼ2倍に高騰。ぱど<4833>(JQG)は同じく2.1倍になり、SDエンターテイメント<4650>(JQS)は同じく7割高、イデアインターナショナル<3140>(JQG)は5割高。

 夢展望は、これら「RIZAP銘柄」の中でも突出した値上がりを演じてリード銘柄とされていただけに、「上場廃止猶予」となって週明け7月3日からの展開が注視されている。また、グループ銘柄の先導役と目されていた分だけ、ほかのRIZAP銘柄に心理的な影響をおよぼす可能性を指摘する声もある。

 まもなく「喜寿」(77歳)というベテラン投資家に言わせると、「昔は月初めの取引が2日からになるのを『ふつかシンポ』と呼び、『ふつかシンポは荒れる』といわれた。7月は3日から始まるので『みっかシンポ』になる。そんなに荒れた記憶はないが、材料株相場の勢いがそがれるようなら少々心配だ」としていた。(HC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2. ■ベトナムに進出した関連株にアプローチ 全般相場が、海外市場の波乱展開にふらされるようなら、これま…
    3. ■10月相場では、いよいよ理想買いから現実買いへ  安倍晋三首相は、消費税増税の使途変更を争…
    2020年1月
    « 12月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る