寿スピリッツ:藍のポリフェノール、炎症抑制効果を発見

IR企業情報

■研究成果、生化学分野の学術誌に掲載

 寿スピリッツ<2222>(東1)傘下の寿製菓株式会社(鳥取県米子市 代表取締役社長 城内正行氏)は、2013年から島根大学生物資源科学部の横田一成教授とタデアイ(藍)の機能性について共同研究を行っているが、このたび藍の抗炎症作用について生化学誌Applied Biochemistry and Biotechnologyで発表した。

 寿製菓株式会社は、藍を健康食品原料として販売することを目的に研究を行いっており、藍の安全性については、急性毒性試験、農薬分析、重金属・ヒ素分析、復帰突然変異試験(Ames試験)、皮膚一次刺激性試験、皮膚感作性試験などにより確認し、既に、「藍水抽出液粉末」を販売している。
 また、寿スピリッツ傘下の純藍株式会社(東京都港区 代表取締役社長 河越誠剛氏)では寿製菓株式会社が藍から新規に発見した3種類のポリフェノールを『純藍ポリフェノール』と名付け、「濃い藍の青汁」「純藍茶」「うる藍バリア」「藍の快調サポート」等を販売している。

k111.jpg

■今後は、生体内の炎症への効果究明に取り組む

 今回の研究成果について、「藍に由来する3,5,4’-トリヒドロキシ-6,7-メチレンジオキシフラボン(TMF)をアグリコンとするフラボノール配糖体が生体内で加水分解され、抗炎症作用をもつTMFに変換されることを解明することができた」と話し、同社では「今後、生体内における炎症への効果について、島根大学生物資源科学部と研究を進め、藍の機能性をさらに明らかにしていく予定である」とコメントしている。
 今回の研究成果は、生化学分野の学術誌であるApplied Biochemistry and Biotechnologyに掲載予定であり、オンライン版は7月18日より
https://link.springer.com/article/10.1007/s12010-017-2555-8
で公開。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2. ■序奏が聞こえたEV関連株は環境株人気も伴い展開部、再現部と続き上値を期待 …
    3. ■イトーヨーギョーの株価推移を横目にウオッチ  本特集では、災害関連株に注目することとした。…
    2020年2月
    « 1月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    242526272829  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る