インテージHDの第1四半期は、増収ながら投資先行により、営業利益は減益となるが、経常・純利益は前期を上回る

■今期は、次世代サービス開発を加速させるために、積極的な事業投資及びR&D活動を実行

 インテージHD<4326>(東1)の第1四半期は、増収ながら投資先行により、営業利益は減益となるが、経常・純利益は前期を上回る。

 今期第1四半期連結業績は、売上高104億36百万円(前年同期比5.9%増)、営業利益3億70百万円(同24.8%減)、経常利益5億72百万円(同18.9%増)、純利益3億95百万円(同28.6%増)となった。

 当社グループは、当連結会計年度からスタートした第12次中期経営計画において、グルー プ基本方針に「“Take the Initiative” ~データ活用の領域で先手を取れ~」を掲げ、更なる企業価値の向上を目指した、次世代サービス開発を加速させていくために、積極的な事業投資及びR&D活動を実行している。

 事業別の業績は、マーケティング支援(消費財・サービス)事業の連結業績は、売上高66億39百万円(同 5.7%増)となったものの、事業投資及びR&D活動の費用が嵩み営業利益08百万円(同93.8%減)と増収減益。

 マーケティング支援(ヘルスケア)事業の連結業績は、売上高26億42百万円(同8.3% 増)、営業利益3億37百万円(同7.7%増)。

 ビジネスインテリジェンス事業の連結業績は、売上高11億53百万円(同1.8%増)と増収ながら、ビッグデータ高速処理基盤に関する開発および新規事業への投資を先行したことで、営業利益24百万円(同43.4%減)となった。

 今通期連結業績予想の売上高は、過去最高の510億円を目指しているように、第1四半期の売上高は伸びているものの、次世代サービスを加速させるための投資を先行していることから、3事業中2事業が減益となっているが、経常利益、純利益ともに前年同期を上回っていることから計画を上回るペースと思われる。

 ちなみに、第2四半期業績予想に対する進捗率を前期と比較すると、売上高45.37%(前年同期45.95%)、営業利益33.63%(同35.83%)、経常利益52.0%(同35.10%)、純利益56.42%(同33.58%)となっている。経常利益、純利益の進捗率が前年同期に比較すると高いことが歴然としていることから、上振れも期待できそうだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ■東京2020オリンピック競技大会まであと200日!  東京2020大会のゴールド証券パート…
    2.  2020年1月6日(月)、日本取引所グループ(JPX)は東京証券取引所で新年恒例の「大発会」を…
    3. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2020年9月
    « 8月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る