【どう見るこの株】アグロカネショウはモミ合いから上放れて上場来高値更新の展開

■果樹・野菜向け農薬専業メーカー

 アグロカネショウ<4955>(東1)は、果樹・野菜向けの農薬専業メーカーである。17年12月期は増収、営業・経常減益、最終増益予想である。株価は上場来高値更新の展開だ。上値を試す展開が期待される。

 同社は、果樹・野菜向けの農薬専業メーカーである。農家密着型営業で、土壌消毒剤を主力として、害虫防除剤、病害防除剤、土壌消毒剤、除草剤なども展開している。

 17年9月には、今後のさらなる事業拡大、生産拠点の一極集中によるリスク低減、製品安定供給の実現に向けて、山口県防府市に新工場用地を取得すると発表した。なお土地を含む投資総額は約40億円を予定している。

■株価は上場来高値更新の展開

 株価は1500円~1600円近辺でのモミ合いから上放れて上場来高値更新の展開となった。本日10月5日は1945円まで上伸。今期予想連結PERは13~14倍近辺、時価総額は約258億円である。

 週足チャートで見ると13週移動平均線がサポートラインとなって上昇トレンドである。上値を試す展開が期待される。

■17年12月期は営業・経常減益、最終増益予想

 17年12月期連結業績予想売上高が16年12月期比4.1%増の149億円、営業利益が5.8%減の19億44百万円、経常利益が7.6%減の19億42百万円、そして純利益が39.8%増の17億97百万円としている。新規剤の研究開発中止に伴い、8月10日に営業利益を17百万円、経常利益を45百万円、純利益を2億74百万円、それぞれ減額修正している。

 第2四半期累計(1~6月)連結業績は売上高が前年同期比1.5%減収、営業利益が15.3%減益、経常利益が13.0%減益、純利益が71.4%増益だった。売上総利益は増加したが、販管費が増加して営業・経常減益だった。なお特別利益に福島工場の土地等の譲渡に伴う受取補償金13億50百万円、特別損失に研究開発中止に伴う損失2億49百万円を計上している。

 通期会社予想に対する第2四半期累計の進捗率は売上高が54.6%、営業利益が65.8%、経常利益が65.8%、純利益が83.8%である。なお上期偏重の季節特性がある。(MM)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ■東京2020オリンピック競技大会まであと200日!  東京2020大会のゴールド証券パート…
    2.  2020年1月6日(月)、日本取引所グループ(JPX)は東京証券取引所で新年恒例の「大発会」を…
    3. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2020年6月
    « 5月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る