【株式市場】中国GDP受け後場は一進一退だが日経平均は史上2番目に長い13日続伸

株式

◆日経平均の終値は2万1448円52銭(85円47銭高)、TOPIXは1730.04ポイント(5.40ポイント高)、出来高概算(東証1部)は15億2038万株

チャート1 19日後場の東京株式市場は、午前中に中国の第3四半期GDPが発表になり、中国株や香港株が下げたため様子見気分が出たとの見方があり、前引けの140円80銭高(2万1503円85銭)を抜けず、70円高(2万1430円)前後で一進一退を続けた。大引けも85円高となり13日続伸。1996年以来の高値を連日更新した。東証マザーズ指数、日経JASDAQ平均も高いが、東証2部指数は小反落。

 日経平均の13日続伸は、1988年2月の13連騰に並び、1949年の東証再開後の連騰記録2位。1位は14連騰(1960年12月21日から61年1月11日)。

 後場は、神戸製鋼所<5406>(東1)が反発に転じて出直りを試す動きとなり、ロイター通信や時事通信が同社のアルミ製品についてトヨタ自動車<7203>(東1)ホンダ<7267>(東1)マツダ<7261>(東1)では社内の安全基準を満たしていることを確認したと伝えたため買い戻しが入った様子。ロゼッタ<6182>(東マ)は開発中の最新翻訳機の翻訳精度が従来の60~80%程度に対して95%に到達したことなどの発表が好感されてストップ高。カーメイト<7297>(JQS)は高速道路などでの「あおり運転」による重大事故を受けて360度カメラ付ドライブレコーダーなどが言われてストップ高。

 東証1部の出来高概算は15億2038万株(前引けは6億9455万株)、売買代金は2町4106億円(同1兆949億円)。1部上場2031銘柄のうち、値上がり銘柄数は813(同1051)銘柄、値下がり銘柄数は1096(同839)銘柄。

 また、東証33業種別指数は22業種(前引けは31業種)が値上がりし、値上がり率上位の業種は、鉄鋼、保険、非鉄金属、金属製品、その他製品、電気機器、医薬品、不動産、ゴム製品、などとなった。(HC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2. ■序奏が聞こえたEV関連株は環境株人気も伴い展開部、再現部と続き上値を期待 …
    3. ■イトーヨーギョーの株価推移を横目にウオッチ  本特集では、災害関連株に注目することとした。…
    2020年2月
    « 1月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    242526272829  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る