【鈴木雅光の投信Now】NISAのメリットはまだ理解されていない?

NISAがスタートして1年以上が経過しました。目下、日本株は15年ぶりの高値を更新し、海外でも米国をはじめ、ドイツなどが過去最高値を更新中です。株価への関心が高まれば、徐々に投資信託への興味も湧くでしょうし、そこにNISAという非課税制度が、充実化に向けた各種見直しを行っているため、NISA口座を通じて投資信託を買おうという動きが広まるだろうという期待感も高まっています。

ただ、NISAのメリットに関しては、まだ周知が徹底していないようです。

NISAのメリットは現状、5年間の運用で発生した値上がり益、配当金、分配金に対する課税が非課税になることです。そうである以上、やはり運用期間中に生じた分配金などについては、現金で受け取らずに再投資に回した方が、より効率的に殖やすことができるはずなのですが、いまだに分配金を受け取りたいという趣向に、大きな変化は見られません。

NISAが始まる直前、2013年12月に支払われた、公募投資信託の分配金額は4204億500万円でした。それが、2015年1月には5335億円に増えています。

公募投資信託全体の純資産総額が増えているから、分配金の額が増えるのは当たり前なのですが、増加率で見ると、支払われた分配金の額は26.90%。これに対して純資産総額の方は、2013年12月末が65兆274億2000万円で、2015年1月末が77兆6727億800万円ですから、増加率は19.44%です。

もちろん、分配金の額は運用状況に応じて増減しますから、一概に決めつけることはできませんが、これだけ分配金の額が増えているということは、どうやらNISAがスタートしても、分配金を受け取りたいというニーズは根強く、したがって、毎月分配型のファンドが相変わらず人気を集めている、とも考えられそうです。

しかし、それはNISAの趣旨が広く理解されていない証拠とも言えるでしょう。実際、資産形成層である20代、30代でも、毎月分配型ファンドが人気を集めています。長期の資産形成に必要なことは何なのか。その点の啓蒙が、まだまだ必要なようです。(証券会社、公社債新聞社、金融データシステム勤務を経て2004年にJOYntを設立、代表取締役に就任、著書多数)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■東京2020オリンピック競技大会まであと200日!  東京2020大会のゴールド証券パート…
    2.  2020年1月6日(月)、日本取引所グループ(JPX)は東京証券取引所で新年恒例の「大発会」を…
    3. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2020年7月
    « 6月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る