カーリットホールディングスの第2四半期は大幅増益、純利益2.0倍

■今期連結業績の利益を上方修正、高収益製品の拡販図る

 カーリットホールディングス<4275>(東1)は31日、18年3月期第2四半期連結業績を発表し、売上高が前年同期比4.8%増の249億64百万円、営業利益が同71.4%増の6億74百万円、経常利益が同75.1%増の7億77百万円、四半期純利益が同2.0倍の5億18百万円に拡大した。併せて、通期連結業績を上方修正した。

 セグメント別に見ると、化学品は売上高が前年同期比5.2%増の108億68百万円、営業利益が同58.9%増の4億25百万円だった。化薬分野では、自動車用緊急保安炎筒は、新車装着向け、車検交換向けとも増販となり、また、鉄道用信号炎管、高速道路用信号炎管、煙火材料も増販となった。受託評価分野では、電池試験は減販となったが、危険性評価試験は増販で、全体としては増販だった。電子材料分野では、チオフェン系材料、電気二重層キャパシタ用電解液、イオン導電材料は大幅な増販となった。また、機能性高分子コンデンサ向けピロール関連製品は増販に、アルミ電解コンデンサ向け材料は微増となり、全体としては増販となった。
 
 ボトリングは売上高が同2.5%増の92億83百万円、営業利益は同3.3%増の1億24百万円となった。缶製品、委託品とも受注減により減販となったが、主力の茶系飲料は設備増強したペットボトル飲料製造ラインの寄与により増販だった。

 産業用部材は売上高が同7.2%増の41億75百万円、営業利益が同99.1%増の1億49百万円だった。シリコンウェーハは、微増収・増益。金属加工品は、アンカー・リテーナなどは減販となったものの、ばね・座金製品は増販となった。

 18年3月期連結業績予想については、収益性の低い無機工業薬品などが減販となる見込みであるが、自動車、電子機器、半導体市場の改善などによる高収益製品の拡販や原価低減などを図るとし、営業利益は前回予想の15億円を19億円(前期比40.6%増)に、経常利益は同15億50百万円を20億円(同38.9%増)に、純利益は8億50百万円を12億円(同56.8%増)に、上方修正した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ■東京2020オリンピック競技大会まであと200日!  東京2020大会のゴールド証券パート…
    2.  2020年1月6日(月)、日本取引所グループ(JPX)は東京証券取引所で新年恒例の「大発会」を…
    3. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2020年6月
    « 5月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る