マルマエ:11月受注残高、好調を維持

分野別 過去一年間の四半期売上高と月次受注残高の推移

■生産力強化で出荷検収も高水準ながら残高更新

 半導体・FPD製造装置用の真空部品など、精密切削加工のマルマエ<6264>(東マ)高水準で推移する受注残高について11月末の状況を開示した。
 当社全体の受注残高は順調な出荷検収が続く中、5月以降毎月末残高が8億円超の高水準で推移している。

 半導体分野においては、出荷検収は高水準に推移しながら、受注も好調であった上に、一部の品種で数ヶ月分のまとめ受注もあったことから、対前月増減率は18.8%増、対前年同月増減率では124.2%増となり金額では過去1年間の最高額である665百万円を記録した。
 FPD分野では、引き続き順調な受注が続くが出荷検収も高水準で推移し、月末残高の対前月増減率は24.9%減となったが、対前年同月増減率では47.4%の大幅増で213百万円であった。
 その他分野については大きな動きがなかった結果、当社全体の11月末受注残高は、対前月増減率5.1%増、対前年同月比で99.1%増と倍増し882百万円であった。

■半導体:出水が一部稼動4月~能力の拡大に合わせ受注増見込む

FPD分野:10.5世代&有機EL関連で高需要安定拡大続く

 半導体分野の好調な市場環境を背景に、生産能力の拡大へ向けた設備投資も進み受注も順調だが、今後の見通しについて同社は、「半導体分野では、生産能力の拡大に合わせ、段階的な受注増加が見込まれる。受注残としては、受注と出荷のバランスや顧客のまとめ発注の影響も想定されるが、拡大傾向が続くと見ている。中長期的にも市場拡大が見込めることから、来年4月に一部稼動開始予定の出水事業所へ、継続的投資を行い受注拡大を図る。」と前向きであり、FPD分野についても、顧客の需要予測などを踏まえ、「第10.5世代大型液晶パネル向けと有機EL関連装置の高水準な需要が1年以上安定して続く」(藤山取締役談)見通しを持っている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ■メディカル・データ・ビジョンとテクマトリックス、セカンドオピニオンの手間削減  メディカ…
    2. ■ハウステンボスがフロントシステムに導入  アスカネット<2438>(東マ)は国内最大級の…
    3. ■今年の発症者は8月6日までに統計開始後最大になり猛威と伝えられる  農薬専業のアグロ カ…
    2018年1月
    « 12月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
    IRインタビュー 一覧

    協立情報通信の長谷川浩社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く JPホールディングスの荻田和宏社長に経営への取組みを聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く 翻訳センターの東郁男社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨシムラ・フード・ホールディングスの吉村元久社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く セキドの関戸正実社長に現況を聞く アルコニックスの正木英逸社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く トレックス・セミコンダクターの藤阪知之社長に聞く イーグランドの代表取締役社長江口久氏に聞く ミロク情報サービスの是枝周樹社長に聞く 日本マニュファクチャリングサービスの小野文明社長に聞く 日本エム・ディ・エムの大川正男社長に聞く 建設技術研究所の村田和夫社長に聞く 東京個別指導学院の的場一成社長に聞く ビューティガレージの野村秀輝社長に聞く サンコーテクノの洞下英人社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る