【株式市場】北朝鮮の核実験準備報道などブレーキになり日経平均は軟調だがマザーズ指数などは高い

株式

◆日経平均の前引けは2万2806円48銭(59円69銭安)、TOPIXは1813.73ポイント(1.35ポイント安)、出来高概算(東証1部)は9億8024万株

◆新規上場の4銘柄はいずれも公開価格を上回って推移

チャート6 13日(水)前場の東京株式市場は、NYダウとS&P500の3日連続最高値更新は好感されたものの、北朝鮮が核実験の準備をしていると伝えられたため、「今度やったら米国も行動を起さざるを得なくなる」といった見方があり、個別物色に終始した。日経平均は朝方の13円20銭高(2万2879円37銭)を上値に一進一退となり、前引けは59円69銭安(2万2806円48銭)となった。日経JASDAQ平均も軟調だが、東証2部指数、マザーズ指数は高い。

 三井住友フィナンシャルグループ<8316>(東1)などの大手銀行株が引き続きバーゼル銀行監督委員会の新たな規制案の決着などを材料に続伸し、小野薬品工業<4528>(東1)は「オプジーボ」値下げ方針と伝えられたが高い。

 4銘柄が新規上場となり、「佐川急便」のSGホールディングス<9143>(東1・売買単位100株)9時33分に公開価格1620円を17%上回る1900円で初値がつき、その後1945円まで上げて前引けは1870円。マツオカコーポレーション<3611>(東1・売買単位100株)は10時29分に公開価格を46%上回る3800円で売買が成立し初値がつき、あと3810円まで上げて前引けは3465円。ヴィスコ・テクノロジーズ<6698>(JQS・売買単位100株)は公開価格は4920円を71%上回る8420円で買い気配。グローバル・リンク・マネジメント<3486>(東マ・売買単位100株)は公開価格2620円を72%上回る4500円の買い気配。

 東証1部の出来高概算は9億8024万株、売買代金は1兆3697億円。1部上場2050銘柄のうち、値上がり銘柄数は851銘柄、値下がり銘柄数は1085銘柄となった。(HC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1.  大型連休中の先週、野菜などで作った代替肉の食品メーカー、ビヨンド・ミートが米国でNASDAQ…
    2. ■前3月期の営業利益2.1倍など業績の大幅回復とともに注目強まる ミサワホーム中国<17…
    3. クリナップ<7955>(東1)は、3月5日から3月8日まで東京ビッグサイトで開催された「建築・建材…
    2019年8月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る