【配当特集】ソーバルは配当性向5割、押し目買い妙味膨らむ

配当特集

【利益還元に積極的な「魅力ある企業」(配当)】

 ソーバル<2186>(JQS)は、主としてファームウエア、ソフトウエア並びにハードウエアの開発とその製品の評価に関するサービスを提供している。同社グループは、コア事業における一部の取引先への依存度低減及び新規優良取引先の開拓、優秀な人材の確保及び育成、業務効率化による利益率向上への取り組みの3点を重要課題として取り組んでいるほか、本年4月1日付で譲受けたIoTプラットフォーム事業を活用し、より強固な営業基盤を築き、業務分野並びに新規顧客の拡大に努めている。

 中でもコア事業における一部の取引先への依存度低減及び新規優良取引先の開拓では、一部の取引先への依存度をより低減させることが、安定した経営を進める上で重要な経営課題と捉え、従来からのデジタル製品メーカーや情報通信分野に加え、車載分野、金融分野、医療分野、航空宇宙分野、介護・災害向けロボット分野にも注力し、営業推進を行っているほか、Web系のシステム開発にも取り組んでいる。

 今2018年2月期第2四半期業績実績は、売上高40億6000万円(前年同期比1.3%増)、営業利益2億6500万円(同5.4%増)、経常利益2億6800万円(同9.2%増)、純利益1億8100万円(同4.7%増)に着地。プロジェクト管理を徹底し、営業利益は計画を1千万円上回り順調に推移している。

 今18年2月期業績予想は、売上高81億2000万円(前期比2.6%増)、営業利益5億7000万円(同15.5%増)、経常利益5億6900万円(同13.8%増)、純利益3億8100万円(同9.6%増)を見込む。9月1日付で普通株式1株につき2株の株式分割を実施済みで、年間配当予想は、第2四半期末22円、期末12円(分割後換算)を予定。株主優待として、毎年8月31日(基準日)現在の株主に対して、クオカードを保有株に応じて贈呈している。

 株価は、7月25日につけた分割前の高値1290円から9月6日に分割後の安値925円と調整。その後、1000円を挟んでモミ合っている。今2月期第2四半期業績は順調に推移しており、12月28日に予定している第3四半期決算の発表は注目される。配当性向5割で株主優待も実施。配当利回り2.3%と利回り妙味もソコソコある。25日移動平均線がサポートしており、押し目買い妙味が膨らみそうだ。(株式評論家・信濃川)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ■フッ化水素などの周辺にも唯一無比な存在が数多い  例えば韓国への輸出規制3品目である高…
    2.  大型連休中の先週、野菜などで作った代替肉の食品メーカー、ビヨンド・ミートが米国でNASDAQ…
    3. ■前3月期の営業利益2.1倍など業績の大幅回復とともに注目強まる ミサワホーム中国<17…
    2019年10月
    « 9月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る