ハウスドゥが賃貸不動産仲介の新ブランド「RENT Do!(レントドゥ!)」を開始

新製品&新技術NOW

■新年1月に開始、賃貸不動産業界の環境変化にともない新たな需要やサービスを提供

 ハウスドゥ<3457>(東1)は18日の取引終了後、賃貸不動産仲介事業の開始と、この事業に特化する新ブランド「RENT Do!(レントドゥ!)」の設立を発表し、2018年1月1日から事業を開始するとした。

 同社は2016年12月8日に東証マザーズから東証1部へ移籍した。現在は、ハウス・リースバック事業、不動産金融事業、 不動産売買事業、 不動産流通事業、 リフォーム事業のほかに、これらの事業のノウハウを加盟店に提供するフランチャイズ事業を展開し、フランチャイズ店舗数は16年10月の400店舗達成から年あまりで100店舗近く増加して直近は491店舗(17年11月末現在)に拡大している。

 17年10月には、金融機関との提携によるリバースモーゲージの保証業務を開始しており、フィンテックによる新たな不動産金融システムの構築、ハウスドゥ!チェーンが保有する不動産取引データや全国の地価公示価格等のビッグデータ並びにAI(人工知能)を活用した不動産査定アプリ「10秒でDo!」や「住宅ローン借入審査シミュレーションアプリ」など、最新テクノロジーを積極的に導入し、「不動産テック企業」として独自のサービスを展開している。

 一方、不動産業界の中で、賃貸不動産業界は物件の供給過多や空き家の増加などにより、これまでにないサービスが求められる状況になっている。そこで、物件所有オーナーの経営状況をサポートするため、様々なサービスの提供やフランチャイズ加盟店を含めた事業の展開を目的として、このたび、賃貸不動産仲介事業の開始および当該事業に特化した新ブランド「RENT Do!(レントドゥ!)」を設立することとした。18年は、「レントドゥ!」の新店舗出店を積極的に展開するとともに、新しいサービスの提供に尽力し、事業領域の更なる拡大と不動産業界の変革への貢献を行うとした。(HC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2. ■序奏が聞こえたEV関連株は環境株人気も伴い展開部、再現部と続き上値を期待 …
    3. ■イトーヨーギョーの株価推移を横目にウオッチ  本特集では、災害関連株に注目することとした。…
    2020年2月
    « 1月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    242526272829  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る