【話題】J.フロントリテイリングが高値更新、上野動物園の子パンダ「シャンシャン」人気も思惑呼ぶ

■11月開業の「上野フロンティアタワー」にシャンシャン観覧客が流れる期待

 大丸・松坂屋のJ.フロント リテイリング<3086>(東1)は20日の後場、2022円(43円高)で始まり、小幅高だが3日ぶりに昨年来の高値を更新している。このところの月次動向が好調な上、東京・上野の松坂屋上野店・南館の跡地に11月4日開業した新複合商業施設「上野フロンティアタワー」が、上野動物園の子パンダ「シャンシャン」の人気の波及効果を受けると予想し期待する様子もある。

 「上野フロンティアタワー」は2017年11月4日開業し、1階から6階はパルコ<8251>(東1)の「パルコ」が入り、全68テナントから構成する「PARCO_ya」を新展開。68店のうち52店は上野・御徒町エリアに初登場の店舗になるという。7階から10階は東宝<9602>(東1)の「TOHOシネマズ」になり、高層部の12階から22階はオフィスタワーになっている。

 このタワーが同社全体の連結業績に与える寄与度は大きくないが、投資家心理として同社株のイメージに占める割合は小さくないようだ。

 一方、「シャンシャン」の観覧(一般公開)は12月19日に始まり、テレビなどで連日話題になっている。観覧は、18年1月末までは負担などを考慮して1日400組に限ると伝えられているが、20日は「慣れてくれば観覧時間の延長も」(NHKニュースWeb12月20日より)と伝えられた。

 市場関係者の中には、「シャンシャンを見物したあとの行動パターンとして、買い物はもちろん、ちょっとお昼でもという場合、精養軒や東天紅では値段が張るので、上野駅に近い丸井や松坂屋の周辺に客足が流れることは十分に考えられる」「せっかく上野に来たのだからアメ横を見て行こうという場合もこの流れになる」(市場関係者)との予想がある。丸井グループ<8252>(東1)も底堅い。(HC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ★慎重な銘柄選択と注目株★  2019年の日本株投資対象は、世界情勢に敏感な海外機関投資家の日…
    2. ■近未来のスポーツ番組を一変させる要素を内包すると期待する姿勢が  キヤノン<7751>(東1…
    3. 隠れた関連株として注目  本2018年も、スポーツイベントが目白押しである。今年2月の韓国・平昌冬…
    2019年1月
    « 12月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
    IRインタビュー 一覧

    Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く 協立情報通信の長谷川浩社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る