【今日の言葉】財政健全のドイツ首相来日

■今年はG8がG7サミット、エネリギーでも日本に刺激

今日の言葉 ドイツのメルケル首相が今日から2日間の予定で来日した。ドイツが今年6月の先進国首脳会議(サミット)の議長国に当っていることから事前の挨拶回りといったところではないだろうか。

ポイントは、メルケル首相が既に中国首脳と7度も行き来しているのに対し、今度で3度目の来日で、しかも2008年の洞爺湖サミット以来7年ぶりということだろう。

良く取れば、日本とドイツの間には緊急を要する大きい問題がないということだろうが、悪く取れば日本軽視にもなるのではないか。

貿易では日本よりもはるかに中国との取引が大きく経済的には日本より中国重視ということだろう。一方、政治的面ではヨーロッパを引っ張るドイツ、アメリカと共に世界をリードする日本ということでは重要なパートナといえる。とくに、テロ対策では共通の立場にある。

ただ、ウクライナ問題ではドイツと日本では北方領土問題を抱えている日本とでは微妙な温度差が感じられそうだ。とくに、今回のサミットはロシアを外したG7となるだけに、このあたりの摺り合わせが今回の来日の背景にもなっているのだろう。

また、原発再稼動を目指す日本と原発をなくし自然エネルギーを基本とするドイツの違いもある。このあたりが、昨今の福島原発処理をめぐり日本国民も事故後始末の負担の大きさから原発に対し腰が引け始めているところだけにドイツ型の自然エネルギー大賛成の世論に結びつく可能性もありそうだ。

先ごろ来日したイギリス皇太子は被災地を訪問したが、メルケル首相の被災地訪問はなさそうだ。

財政でもドイツは日本と違って健全である。日本がアメリカ型一辺倒からドイツ型を取り入れるきっかけとなるかもしれない。大戦中は日・独・伊が同盟を組んでいた時期もあった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■手転がし30秒でチャージ!  タカラトミー<7867>(東1)は、鉄道玩具プラレールシリー…
    2. ミニストップ
      ■「ミニストップパートナーシップ契約」2021年9月から運用開始  ミニストップ<9946>…
    3. ■ゲームやコンテンツのクリエーター向けのPCソフトウェア、無償体験版も提供  東芝<6502…
    2021年9月
    « 8月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る