【話題株】キヤノンが21日からスタジアムにいるかのような臨場感を提供する映像空間ソリューションなどを出展し注目集まる

■近未来のスポーツ番組を一変させる要素を内包すると期待する姿勢が

 キヤノン<7751>(東1)は21日の前場、反発して4003円(50円高)となった。米国発の世界株安が一巡し沈静化する中で、同社株だけは下げた後の戻りが鈍く、4000円前後で上値を抑えられているが、「スタジアムにいるかのような臨場感を提供する映像空間ソリューション」などが注目されている。

 同社は、「第1回スポーツビジネス産業展」(幕張メッセ、2月21日から23日)に、スポーツビジネスに関連する最新映像技術・ソリューションを紹介すると発表している。以下は主な展示内容で、近未来のスポーツ映像として事業化される可能性があるとして注目する様子がある。

(1)スタジアムにいるかのような臨場感を提供する映像空間ソリューション
 8Kカメラ1台で撮影した映像に、視聴・撮影環境に合わせた変換を施し、3面に出力する映像空間ソリューションを紹介。視野を覆う3つの大画面に音響が合わさり、まるでスタジアムにいるかのような臨場感を提供する。

(2)新しい視点から競技を観戦できる自由視点映像
 キヤノンが開発中の自由視点映像生成システムを用いて制作したサッカーの試合映像を上映。また、タブレット端末を使って操作できるタッチ&トライコーナーも設け、試合を自由な視点から見ることが可能。通常のカメラが入ることのできない視点からの映像は、競技観戦の楽しみ方を広げるほか、チームや選手の強化などへの活用も期待できる。

(3)スポーツ用途での活用を提案する小型多目的モジュールカメラ「MM100-WS」
 キヤノンが開発した小型多目的モジュールカメラ「MM100-WS」を参考展示し、競技の審判が装着することで、迫力ある映像をライブ中継するなど、スポーツシーンでの活用法を提案する。

 これらの映像ソリューションは、近未来のスポーツ番組を一変させる革新的な要素を内包するため注目度は高いようだ。株価はいかにも鈍重だが、業績は拡大傾向。戻り相場が本格化する前に仕込むべきと値動きの間合いを測る姿勢もある。(HC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ロータス投資研究所代表、中西文行 氏 テクニカルでは16000円割れに 世界の主要株価指数は、18年…
    2. シニアアナリスト:水田雅展 2019年は前半が調整色でも年末高に向かう可能性  2019年の株式…
    3. ★慎重な銘柄選択と注目株★  2019年の日本株投資対象は、世界情勢に敏感な海外機関投資家の日…
    2019年3月
    « 2月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    IRインタビュー 一覧

    Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く 協立情報通信の長谷川浩社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る