【鈴木雅光の投信Now】銀行の人気ファンドランキングを見て思うこと

 メガバンクなど主だった銀行のホームページには、「投資信託ランキング」といって、販売額や販売件数、騰落率、純資産総額など、いくつかの切り口でランキングが表示されています。銀行窓口で投資信託を購入する際、このランキングをファンド選びの判断材料にしている人もいるでしょう。

 ただ、このランキングを見るにつけ思うのは、このランキング上位にあるファンドを、個人が自分の意志で買いに来ているのかということです。

某メガバンクの販売額ランキングを見てみましょう。

1位 新光US-REITオープン
2位 グローバル・ヘルスケア&バイオ・ファンド
3位 ニッセイJ-REITファンド
4位 米国バンクローン・オープン
5位 eMAXIS日経225インデックス
6位 UBSオーストラリア債券オープン
7位 日本厳選プレミアム株式オープン
8位 三菱UFJ米国配当成長株ファンド
9位 三菱UFJ Jリートオープン
10位 フィデリティ・USハイ・イールド・ファンド

米国のリートやヘルスケア関連、日本のリート、オーストラリアの債券、そして米国のハイ・イールド債というように、非常に限定された資産クラスに投資するファンドがずらりと顔を並べています。

銀行で投資信託を購入する人の多くは、証券会社で株式を売買しているような、投資経験の長い個人はむしろ少数派で、定年退職金などの運用先として、初めて投資信託を購入している人が多いと思われます。

この手の個人は、自分で複数資産に分散したポートフォリオを、個別ファンドの組み合わせで構築する経験や知識がないので、本来なら1本のファンドで複数資産に分散したバランス型を購入するのが無難ですが、上記ランキングを見た限り、バランス型ファンドは1本も入っていません。それどころか、特定の資産のみで運用するファンドばかりが人気を集めています。

恐らく、販売窓口の担当者が、適当に複数ファンドへの分散投資を勧めて買わせるのでしょうが、定期的なリバランスをはじめとするアフターケアは期待できません。

つまり銀行の窓口で、何のアフターケアも期待できないままに複数ファンドを購入するくらいなら、世界中の株式や債券に分散投資する、優良なバランス型ファンドを1本購入した方が、はるかに合理的な投資行動といえるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■東京2020オリンピック競技大会まであと200日!  東京2020大会のゴールド証券パート…
    2.  2020年1月6日(月)、日本取引所グループ(JPX)は東京証券取引所で新年恒例の「大発会」を…
    3. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2020年7月
    « 6月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る