キーコーヒー:六本木・アマンドに新作!

■昭和40年代の味わいを再現~アマンド各店ほか、3月発売!

 キーコーヒー<2594>(東1)のグループ会社であるアマンド(本社:東京都港区、社長:茂田優)は、新作のチョコレート菓子「アマンドショコラ」を3月に発売した。

c11.jpg
『アマンドショコラ』イメージ/『アマンドショコラ』

■「アマンド」は、フランス語でアーモンド!

c12.jpg

 店名であり社名となっている「アマンド」は、フランス語でアーモンドを意味し、同社名の由来とされている。

 『アマンドショコラ』は、バターとアーモンドを使用した手作りのタフィーをチョコレートでコーティングし、クラッシュアーモンドを贅沢にまぶしたチョコレート菓子。
 ナッツの香ばしさとタフィーの食感がたまらない、どこか懐かしい味わいでコーヒーにぴったりな一品となっている。
 アマンド各店とKEY COFFEE通販倶楽部で取り扱っている。

【商品概要】
・商品名:アマンドショコラ
・規格:8個入(チョコレート4個 ホワイトチョコレート4個)
    12個入(チョコレート6個 ホワイトチョコレート6個)
16個入(チョコレート8個 ホワイトチョコレート8個)
・賞味期間:120日

■≪コーヒー鑑定士おすすめのマリアージュ≫

c13.jpg

 解説:藤田靖弘(J.C.Q.A全日本コーヒー検定委員会認定コーヒー鑑定士)

c14.jpg

◎「アマンドショコラチョコレート」×「ブルーマイスター華やかな香り(HANAKA)」
 「なめらかなミルクチョコレートは、このブレンドに配合されているブラジルやマンデリンの口当りや風味と重なります。トアルコトラジャやエチオピアモカの華やかな香りがアクセントになり、贅沢な時間を演出します。」

◎「アマンドショコラホワイトチョコレート」×「氷温熟成R珈琲」
 「ホワイトチョコレートのコクと甘みが、「氷温熟成R珈琲」の甘い風味ややわらかな口当りにぴったり。やや深く焙煎されたコーヒーの苦みをミルクがやさしく包み、心地よい余韻が楽しめます。マキアートを思わせるマリアージュが、やすらぎのひとときにおすすめです。」

【注:アマンド及びKEY COFFEE通販倶楽部のホームページ】
●アマンドHP:
http://www.roppongi-almond.jp/lineup_baked.html#almondchocolat
●KEY COFFEE通販倶楽部:
https://www.key-eshop.com/products/detail3718.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ★慎重な銘柄選択と注目株★  2019年の日本株投資対象は、世界情勢に敏感な海外機関投資家の日…
    2. ■近未来のスポーツ番組を一変させる要素を内包すると期待する姿勢が  キヤノン<7751>(東1…
    3. 隠れた関連株として注目  本2018年も、スポーツイベントが目白押しである。今年2月の韓国・平昌冬…
    2019年1月
    « 12月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
    IRインタビュー 一覧

    Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く 協立情報通信の長谷川浩社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る