インテリジェントウェイブは調整一巡して下値切り上げ、18年6月期減益予想の織り込み完了

【アナリスト水田雅展の銘柄分析

 インテリジェントウェイブ<4847>(JQ)は金融分野や情報セキュリティ分野を中心にシステムソリューション事業を展開している。損害保険の損害認定業務にAI(人工知能)を活用する共同研究も開始している。18年6月期は大型案件の不採算化で減益予想だが、株価は調整一巡して下値を切り上げている。減益予想の織り込みが完了したようだ。

■金融システムや情報セキュリティ分野のソリューションが主力

 大日本印刷<7912>の連結子会社で、ソフトウェア開発中心にソリューションを提供する金融システムソリューション事業、情報セキュリティ分野中心にパッケージソフトウェアや保守サービスを提供するプロダクトソリューション事業を展開している。

 17年6月期セグメント別売上構成比は金融システムソリューション事業88%、プロダクトソリューション事業12%だった。高度な専門性が要求されるクレジットカード決済のフロント業務関連システムで高シェアを持ち、クレジットカード会社、ネット銀行、証券会社など金融関連のシステム開発受託・ハードウェア販売・保守サービスを収益柱としている。
 収益面では金融業界のシステム投資や案件ごとの採算性が影響し、期後半の構成比が高い特性がある。なお公平な利益還元のために、株主優待制度は17年6月期末をもって廃止した。

■事業領域拡大に向けて新製品・新サービスを強化

 金融システムソリューション事業ではクレジットカード決済のフロント業務関連システムから、バックオフィス業務関連など基幹業務システム関連への事業領域拡大を目指している。またクラウドサービス事業も強化している。プロダクトソリューション事業では、サイバー攻撃や情報漏えいに対応したセキュリティ関連のソリューションを強化している。

 クラウドサービス事業においては、NET+1やACEPlus等の機能を搭載してシステム開発プラットフォーム基盤となる新製品OnCore Switchの1社目が18年6月期第3四半期からスタートする。銀行やクレジットカード会社に対してクレジットカードのアクワイアリング業務(加盟店契約業務)システムをクラウド型で提供する共同利用型サービスは、4社目が18年6月期第1四半期にスタートした。不正検知は1社目が18年6月期第2四半期にスタートし、2社目が19年6月期第1四半期スタート予定である。

 AI(人工知能)技術の活用では、17年3月新製品OpAIを利用した開発プロジェクトを大手損害保険会社から受注し、17年11月あいおいニッセイ同和損害保険、大日本印刷との3社共同で、損害保険の損害認定業務にAIを活用する研究を開始した。

 中期事業計画ではサイバーセキュリティ総合プロバイダーを目指し、経営目標値に20年6月期売上高105億円(金融システムソリューション事業89億円、プロダクトソリューション事業16億円)、営業利益10億円を掲げている。

■18年6月期は大型案件の不採算化で減益予想

 18年6月期の非連結業績予想(1月31日に売上高を増額修正、営業利益、経常利益、純利益を減額修正)は、売上高が17年6月期比14.5%増の97億円、営業利益が31.6%減の4億80百万円、経常利益が34.7%減の5億円、純利益が37.8%減の3億40百万円としている。配当予想は17年6月期と同額の年間7円(期末一括)で、予想配当性向は54.2%となる。

 売上面は事業環境が良好で、金融システムソリューション事業においては既存顧客の決済に係るシステム案件の商談が活発に推移し、プロダクトソリューション事業においてはハードウェアの販売が増加する。

 利益面では、金融システムソリューション事業において、第3四半期に売上計上予定の大型案件の一部工程が不採算化する見込みとなり、第2四半期の製造原価に受注損失引当金1億43百万円を計上した。また開発中のシステムの一部についてテストや開発の工程を追加するため相当する費用が発生する。なお不採算化の影響は第3四半期に収束する見込みとしている。

 なお第2四半期累計は、売上高が前年同期比23.7%増の46億92百万円で、営業利益が23.3%減の1億90百万円、経常利益が28.3%減の1億97百万円、純利益が32.5%減の1億29百万円だった。

 金融システムソリューション事業は売上高が23.1%増の40億76百万円、営業利益が25.5%増の2億71百万円だった。受注損失引当金1億43百万円を計上したが、ソフトウェア開発が増加して増収増益だった。プロダクトソリューション事業は売上高が27.9%増の6億15百万円で営業利益が81百万円の赤字(前年同期は31百万円の黒字)だった。利益率の低いハードウェアが増加した。

 18年6月期は大型案件の不採算化で減益予想だが、19年6月期の収益改善を期待したい。

■株価は調整一巡して下値切り上げ、減益予想の織り込み完了

 株価は2月14日安値490円から切り返している。調整一巡して下値を切り上げる形だ。減益予想の織り込みが完了したようだ。

 3月16日の終値567円を指標面で見ると、今期予想PER(会社予想のEPS12円92銭で算出)は44倍近辺、今期予想配当利回り(会社予想の年間7円で算出)は1.2%近辺、前期実績PBR(前期実績のBPS214円51銭で算出)は2.6倍近辺である。時価総額は約149億円である。

 週足チャートで見ると安値圏で下ヒゲを付け、その後は下値を切り上げている。減益予想の織り込みが完了して出直りが期待される。(日本インタビュ新聞社アナリスト水田雅展)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ロータス投資研究所代表、中西文行 氏 テクニカルでは16000円割れに 世界の主要株価指数は、18年…
    2. シニアアナリスト:水田雅展 2019年は前半が調整色でも年末高に向かう可能性  2019年の株式…
    3. ★慎重な銘柄選択と注目株★  2019年の日本株投資対象は、世界情勢に敏感な海外機関投資家の日…
    2019年3月
    « 2月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    IRインタビュー 一覧

    Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く 協立情報通信の長谷川浩社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る