ハウスドゥが上場来の高値、「リバースモーゲージ」など高齢化時代の不動産活用に注目再燃

株式市場 銘柄

■「ハウス・リースバック」や「タイムルーム」も需要多く対応を急ぐ

 ハウスドゥ<3457>(東1)は25日の後場寄り後に4390円(220円高)前後で推移し、上場来高値4315円を約2週間ぶりに更新している。このところ、「リバースモーゲージ保証事業」に関連して子会社フィナンシャルドゥと大阪商工信用金庫との提携を発表するなど、注目材料が豊富で、波状的に高値を更新するため、チャート妙味も強いようだ。

 「リバースモーゲージ」は、自宅などを担保に、そこに住み続けながら金融機関から融資を受けられる仕組みの不動産プラス金融システム。高齢化が進む中で、手持ちの不動産をより有効に活用する方法の一つとして注目されている。すでに大阪信用金庫と提携しており、4月20日、さらに大阪商工信用金庫との提携を発表した。

 また、「ハウス・リースバック」事業は、自宅を売却してまとまった資金を用立て、そのまま借家の形で住み続けることのできるシステム。こちらの事業については、管理する不動産の増加にともない、これらの不動産を投資先とするファンドを組成し、3月28日、東京スター銀行が融資実行して組成が完了した。

 さらに、空室・空き家を活用してパーティや会合のスペースを探す利用者とをマッチングするタイムシェアリングサービス「タイムルーム」を首都圏でも4月から本格開始した。家具などの調度品を取りそろえるため、株式市場関係者の中には、家具・家電関係企業との提携などをイメージして注目する様子もある。(HC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ロータス投資研究所代表、中西文行 氏 テクニカルでは16000円割れに 世界の主要株価指数は、18年…
    2. シニアアナリスト:水田雅展 2019年は前半が調整色でも年末高に向かう可能性  2019年の株式…
    3. ★慎重な銘柄選択と注目株★  2019年の日本株投資対象は、世界情勢に敏感な海外機関投資家の日…
    2019年3月
    « 2月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    IRインタビュー 一覧

    Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く 協立情報通信の長谷川浩社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る