【注目の決算】JFEシステムズは売上高・経常利益とも4期連続最高をめざす

◆今期・19年2月期はオフィス移転費用なくなり純利益が55%増加の見込み

 JFEシステムズ<4832>(東2)が25日に発表した2018年2月期の連結業績は、製鉄所のシステムリフレッシュにともなう需要増加や、グループ内での実績を応用したRPA(人工知能ロボットなどによるホワイトカラー業務などの効率化)プラットフォーム「UiPath」の販売開始などにより、売上高、経常利益が3期連続最高を更新する好決算となった。

 連結売上高は前期比3.0%増加して402億8100万円となり、経常利益は同じく22.7%増加して28億1700万円。純利益は、本社機構を含めたオフィス移転費用などにより、同3.3%減の12億2300万円。こうした好業績を受け、配当(期末一括)は、当初、経常利益を24億円の見込みとして1株当たり44円の予定としていたが、期中に経常利益の見通しを27億円に増額修正し、着地はさらに上振れたため、同50円の見込み(前期比6円の増配)に増額した。

◆3年中期計画では「電子証跡保存」や「RPA」「AI」などの拡大を推進

 製鉄所のシステムリフレッシュ関連の需要は5~6年がかりになる見通しとし、2月に新たな3年中期計画(19年2月期から21年2月期まで)を策定した。今期は、中期計画の初年度として、ほかにJFEスチール向け基盤サービスの拡大、他業種の製造業向けアカウントビジネスの拡大、などを推進し、連結売上高は前期比6.7%増の430億円と計画し、経常利益は同2.9%増の29億円と、純利益は前期のオフィス移転費用がなくなるため同55.3%増の19億円、1株利益は241円95銭の計画とした。配当は70円(20円の増配)を予定する。

 中期計画では、システムのオープン化への対応やRPA/AI/IoTなどの活用拡大、クラウド、セキュリティ関連サービスの拡大などを重点的に推進する。一例を挙げると、プロダクト事業の中で、同社の電子帳票パッケージは、富士キメラ総研の調査によると2016年度まで10年連続で企業シェア1位を確保するが、これに加え、e文書法の規制緩和を受け、「電子証跡保存」の分野などを積極拡大する。ソリューション事業では、18年2月期に発売開始したRPAプラットフォーム「UiPath」などにより拡大を進める。

 こうした計画により、到達年度の連結数値計画は、売上高を460億円以上、経常利益を32億円以上、純利益は20億円以上、ROS(売上高経常利益率)7.0%以上、などとした。(CH)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ■東京2020オリンピック競技大会まであと200日!  東京2020大会のゴールド証券パート…
    2.  2020年1月6日(月)、日本取引所グループ(JPX)は東京証券取引所で新年恒例の「大発会」を…
    3. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2020年8月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る