パイプドHDのグループ企業、アイラブは「ばるばる下北沢 ~はしご酒でみんな呑み友~」に協力

IR企業情報

■今回は6月9日「たまごの日」にちなみ「ばるばる下北沢 たまごとはしご酒 みんな呑み友」を開催

 パイプドHD<3919>(東1)のグループ企業、アイラブは、「ばるばる下北沢 ~はしご酒でみんな呑み友~」に協力している。

 リストバンドを着けた参加者が気軽に参加店をはしごできることや、スマホアプリ“I LOVE下北沢”を使って他の参加者とコミュニケーションがとれる呑み友スタンプラリーが評判となり、これまでにのべ10,000人以上の参加者が集っている。

 今回は、6月9日「たまごの日」にちなみ、定番の卵焼きやオムライス、親子丼から、有精卵の天ぷら、カルボナーラタルト、こだわりプリンといった下北沢らしい個性派揃いの限定メニューを楽しめる「ばるばる下北沢 たまごとはしご酒 みんな呑み友」を開催する。

 日本はメキシコに次ぐ世界2位のたまご消費量を誇り、国民一人当たりの消費量は年間331個とほぼ毎日1個の割合となっている。その理由として、世界的にも珍しい「生たまご」を食べる習慣があり、そのための品質管理や衛生管理が徹底されている点が挙げられる。

 日本では定番のたまごかけご飯や、玉子ダレで食べる焼きシャブ、ユッケなど、海外の人でも安心して食べられる生たまご料理がある。さらに、たまごは「スーパーフード」といわれているとおり、豊富な栄養が含まれている。肝臓でアルコールを分解するのに必要なアミノ酸「メチオニン」は、二日酔いの薬などにも必ず入っている成分で、たまご100gに約400㎎も含まれている。その他、アンチエイジングやダイエット効果、長生きの秘訣にもなるたまご料理のメニューもある。開催期間は、6月1日から6月9日までの10日間となっている。

▼ばるばる下北沢 たまごとはしご酒 みんな呑み友
https://barbar.love-shimokitazawa.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ■東京2020オリンピック競技大会まであと200日!  東京2020大会のゴールド証券パート…
    2.  2020年1月6日(月)、日本取引所グループ(JPX)は東京証券取引所で新年恒例の「大発会」を…
    3. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2020年6月
    « 5月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る