【株式市場】個別物色は旺盛だが中国から米国への輸出制限の可能性など言われ全般は反落

株式

◆日経平均の終値は2万2338円15銭(178円68銭安)、TOPIXは1728.27ポイント(16.56ポイント安)、出来高概算(東証1部)は少な目で11億9625万株

チャート10 25日後場の東京株式市場は、前場に続いて中国から米国への輸出制限の可能性などが懸念要因になり、材料株などの個別物色の色彩が強い展開になった。日経平均は13時頃に日銀の買い出動期待などが言われて55円安前後まで持ち直したが、14時過ぎから再び下値を探った。日本海洋掘削<1606>(東1)は更生法の申請を受けてストップ安。ただ、ディフェンシブセクターの花王<4452>(東1)や薬品株が強く、大手証券株もしっかり。日経平均やTOPIXは移動平均との相関で下値メドのひとつに接近してきた。東証2部指数、マザーズ指数、日経JASDAQ平均も安い。

 後場は、浜松ホトニクス<6965>(東1)が光半導体モジュール製品を拡大し本社工場に14棟を新設との発表が注目されて13時頃から堅調転換。エムビーエス<1401>(東マ)は大阪北部地震の復興関連とされて一段ジリ高。メディアリンクス<6659>(JQS)は同社のIP映像伝送ソリューションが米国の通信事業者RCNビジネス(ニュージャージー州)に採用されたとの発表などが言われて後場一段高。

 東証1部の出来高概算は11億9625万株(前引けは6億685万株)。売買代金は1兆9932億円(同9483億円。1部上場2091銘柄のうち、値上がり銘柄数は298(同571)銘柄、値下がり銘柄数は1740(同1440)銘柄。

 また、東証33業種別指数で値上がりした業種は4業種(前引けは10業種)にとどまり、値上がり率上位の業種は、鉱業、パルプ・紙、石油・石炭、証券・商品先物、だった。(HC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ★慎重な銘柄選択と注目株★  2019年の日本株投資対象は、世界情勢に敏感な海外機関投資家の日…
    2. 写真=北朝鮮「労働新聞」HPより ■核とミサイルを持っても恐怖は変わらないという相矛盾 習近平国…
    3. ■近未来のスポーツ番組を一変させる要素を内包すると期待する姿勢が  キヤノン<7751>(東1…
    2019年2月
    « 1月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728  
    IRインタビュー 一覧

    Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く 協立情報通信の長谷川浩社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る