シンシアはほぼ底値圏、18年12月期減収減益・減配予想だが織り込み完了

株式市場 銘柄

 シンシア<7782>(東1)は、コンタクトレンズ製造・卸売事業を展開している。18年12月期は減収減益・減配予想だが、株価は織り込み完了してほぼ底値圏だろう。

■コンタクトレンズ製造・卸売を展開

 コンタクトレンズ製造・卸売事業を展開している。なおカラーコンタクトレンズ市場での競争力強化・販売拡大を目的として、17年5月にフリュー<6238>と業務提携、17年10月にANAP<3189>と業務提携している。

■18年12月期減収減益・減配予想

 18年12月期の連結業績予想は、売上高が17年12月期比4.8%減の41億33百万円、営業利益が75.8%減の65百万円、経常利益が80.8%減の65百万円、純利益が79.4%減の45百万円としている。配当予想は10円減配の年間2円(期末一括)としている。

 第1四半期は売上高が前年同期比11.3%増の9億78百万円、営業利益が55百万円の赤字(前年同期は1億37百万円の黒字)、経常利益が79百万円の赤字(同1億82百万円の黒字)、純利益が60百万円の赤字(同1億26百万円の黒字)だった。競争激化などでOEM取引が苦戦し、自社ブランド品販売強化に伴う広告宣伝費の増加、円安による仕入価格上昇なども影響して赤字だった。

 通期ベースでも、OEM取引における競争環境の激化、ブランド価値向上を目指した広告宣伝活動の強化などで減収減益予想である。想定為替レートは17年12月期並みの1米ドル=113円としている。仕入取引は全て米ドル建てである。

 なお18年3月20日発表の自己株式取得(上限70万株・4億50百万円、取得期間18年3月22日~18年12月20日)について、5月31日時点の取得株式数は0株である。

■株価はほぼ底値圏、減収減益・減配予想の織り込み完了

 株価は5月の戻り高値圏750円近辺から反落し、6月20日には613円まで下押して2月安値596円に接近した。6月25日の終値は626円、今期予想連結PERは約95倍、時価総額は約43億円である。週足チャートで見ると13週移動平均線が戻りを押さえる形だが、600円近辺が下値支持線となりそうだ。減収減益・減配予想の織り込みが完了してほぼ底値圏だろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■9月29日(水)からセブン‐イレブン店舗で取り扱い開始  セブン&アイ・ホールディングス<…
    2. ■新名称は「TIPSTAR DOME CHIBA」  ミクシィ<2121>(東1)は、202…
    3. ■派閥の親分のルサンチマン  政治は政策が基本というか、政策で決まるものと思いたいが、そうと…
    2021年10月
    « 9月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る