建設技術研究所の建築設計・監理子会社・日総建が「中長期ビジョン2025」を策定

IR企業情報

■CTIグループの中長期ビジョンに沿い都市・建築を総合的に創り上げる企業を目指す

 建設技術研究所(CTI)<9621>(東1)は26日午前、2015年にCTIグループに入り、建築設計・監理分野を担う株式会社日総建(本社:東京都渋谷区)が2025年を目標年次とする「日総建中長期ビジョン2025」を策定したと発表した。

 CTIグループでは、2015年に「CTIグループ中長期ビジョン『CLAVIS 2025』」を策定し、幅広いインフラを対象とする「マルチインフラ企業」世界に貢献する「グローバル企業」などを目指している。今期、19年3月期の連結業績は最高益を更新する見通しとしており、中長期ビジョンは順調に進展している。そして、これらの中長期ビジョンをさらに盤石なものにするため、17社により構成されるグループ企業それぞれの成長とグループ内連携の強化を進めることとし、主要な子会社の目指す方向をとりまとめている。

 株式会社日総建は、旧・日本電信電話(当時)により、全国の電話網整備に向けた大量の局舎建設の設計業務を担う会社として1963年に設立され、建築設計・監理事業を50年以上にわたって手掛けてきた。その間、防火、耐震などの各種防災対策、セキュリティ対策、省エネ対策などや、高度化、多様化する各種インテリジェントビルなどを対象とした設計活動を継続し、「確かさを追求する設計姿勢」を引き継いできた。

 2025年に向けては、確かな建築設計技術を基盤として、都市・建築を総合的に創り上げる企業を目指し、そのために「確かな建築で都市の未来をつくる」を掲げ、「建築を通じて社会に貢献できる会社」「社員が楽しく仕事ができる会社」に向かい、グループ連携の強化、建築と土木を融合した新事業の展開を図ることによって事業規模を25億円まで拡大することとした。(HC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ★慎重な銘柄選択と注目株★  2019年の日本株投資対象は、世界情勢に敏感な海外機関投資家の日…
    2. 写真=北朝鮮「労働新聞」HPより ■核とミサイルを持っても恐怖は変わらないという相矛盾 習近平国…
    3. ■近未来のスポーツ番組を一変させる要素を内包すると期待する姿勢が  キヤノン<7751>(東1…
    2019年2月
    « 1月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728  
    IRインタビュー 一覧

    Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く 協立情報通信の長谷川浩社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る