【注目の決算】メディカル・データ・ビジョンの第2四半期は「カーダボックス」などに先行投資の成果が現わる

■各利益は小幅赤字だが売上高は10%増加し受注見込み数は大幅に増加

 メディカル・データ・ビジョン<3902>(東1)が13日に発表した2018年12月期・第2四半期の連結決算(18年1~6月累計)は、大規模診療データベースが6月末現在で実患者数にして2377万人(国民5人にひとりの割合)へと順調に拡大を続け、これが成長ドライバーとなって新薬研究開発向けなどに向けた大規模診療データ利活用サービスが拡大したほか、病院向け経営支援システム「Medical Code」など、医療機関向けのパッケージ販売を主とするデータネットワークサービスも拡大し、売上高は期初計画を2億円強上回る14.72億円(前年同期比10.4%の増加)となった。

 今期は、連結子会社で7月にSMO(治験)事業を本格開始し、これに向けてCRC(治験コーディネーター)をはじめとする人材の採用を前倒し的に実施している。また、営業関連の人材についても、独自開発の医療支援システム「CADA-BOX(カーダボックス)」の展開加速に向けて積極拡大している。このため、販売費及び一般管理費が本社増床なども含めて前年同期比25.3%増加。連結経常利益は0.4億円の赤字となり、純利益は0.87億円の赤字だった。

◆「カーダボックス」の受注見込み数は第1四半期末の27件に対し67件へと大幅に増加

 ただ、こうした積極投資により、「カーダボックス」の病院への導入動向は、受注見込み数が第1四半期末の27件に対し67件へと大幅に増加し、既稼働数は第1四半期末の3件から5件に増加した。

 「カーダボックス」は、患者自身が診療情報の一部を保管・閲覧できるWEBサービス「カルテコ」と、患者が自由に支払い条件を設定できる医療費後払いサービス「CADA決済」を電子カルテと連携させて活用する画期的な新サービス。患者にとっては、たとえば、老親が自分では治療状況をうまく説明できないケースなどで、家族も知ることができるなどのメリットがある。セカンドオピニオンの際の手助けにもなる。

 足元は、こうした新事業や新サービスの立ち上がりの真っ最中のため、今期・18年12月期の業績への貢献は大きくないが、来期以降の大きな成長ドライバーのひとつとして期待できる。大規模診療データベースは、7月末現在で実患者数にして2398万人に増加した。

 こうした推移に加え、既存事業が下期偏在型であるところから、今期12月期の連結業績見通しは従来予想を継続し、売上高は前期比45.7%増の47.0億円、経常利益は同41.6%増の8.0億円、純利益は同38.7%増の4.91億円、1株利益は同12円29銭とした。(HC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2. ■フッ化水素などの周辺にも唯一無比な存在が数多い  例えば韓国への輸出規制3品目である高…
    3.  大型連休中の先週、野菜などで作った代替肉の食品メーカー、ビヨンド・ミートが米国でNASDAQ…
    2019年12月
    « 11月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る