【銘柄フラッシュ】ソレイジア・ファーマが好材料2連発で急伸し明治機械は10日ぶりに大反発

株式市場 銘柄

 17日は、ツナグ・ソリューションズ<6551>(東1)が19.2%高となって東証1部の値上がり率1位に着き、日本経済新聞で3年後の営業利益を7倍にする計画と伝えられ急伸。会社側は正午過ぎに「業績数字に関しては当社が発表したものではない」と東証IR開示で発表。

 東証1部の値上がり率2位はダントーホールディングス<5337>(東1)の13.5%高となり、大引け前15分間で一気に急伸。大引け後に主要株主の異動などを発表。

 3位はベクトル<6058>(東1)の8.6%高となり、8月30日割当で発行する新株予約権(第6、7、8回)の資金調達の手取概算額100億4417万円が注目されて急伸。

 明治機械<6334>(東2)は急反発し31.3%高。16日まで9日間続落して約100円(約29%)急落してきたところで株式新聞が採り挙げたと伝えられ、自律反発機運が刺激されたとの見方。大日本コンサルタント<9797>(東2)は8月10日の6月決算発表後に急伸したあと高値もみ合いに転じて値固めが続き、好業績を評価したチャートが次第に煮詰まってきたとされて再び注目されたようで買い先行となり7.4%高。

 ソレイジア・ファーマ<4597>(東マ)は朝の取引開始前に「SP-03:エピシル」について発表したのに続き、正午には「SP-02:ダリナパルシン」について発表して一段高となり22.5%高。中村超硬<6166>(東マ)は8月8日の四半期決算発表後に2日連続ストップ安となったが、「過剰反応」との見方があり一転ストップ高の20.8%高。

 ホロン<7748>(JQS)は第1四半期の大幅な黒字化決算発表を境に急伸相場となっており、遂に需給ひっ迫が極まってきたとの見方でストップ高の25.9%高。日本テレホン<9425>(JQS)は総務省がスマ―トフォンの中古端末流通市場の活性化を促す方針と伝えられたことが連日材料視され2日連続ストップ高の17.9%高となった。(HC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■NTTやKDDI等が高値更新  4月14日の東京株式市場では、情報・通信業は3営業日続伸し…
    2.  リズム<7769>(東証プライム)は4月13日、リズム史上最大の音量を実現した大音量電波デジタル…
    3. ■発行済み株式の過半数を取得  伊藤忠商事<8001>(東証プライム)は4月5日、米国大手ス…
    2022年5月
    « 4月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る