【話題株】サッポロHD「地震のため1万3千人キャンセル」と伝わるが株価はとりあえず堅調

話題株

■先日は目標株価2000円割れとの予想も出て、捲土重来の拡大戦略が欲しいとの声が

 サッポロホールディングス(サッポロHD)<2501>(東1)は14日の前場、2258円(35円高)まで上げて前引けも2238円(15円高)と堅調に推移し、2日続伸基調となった。インターネットニュースの大手「YAHOO(ヤフー)ニュース」が朝、朝日新聞デジタルのニュースとして「北海道『外国人客、消えた』ビール園1万人キャンセル」と伝えたが、それほど話題にならなかったようだ。

 同ニュースは、「9月6日未明に北海道を襲った最大震度7の地震が、北海道の観光産業に影を落とし(中略)、『サッポロビール園』(札幌市)でも今月末までに予約があった約1万3千人からキャンセルの連絡があった」などと伝えた。

 同社株を巡っては、SMBC日興証券が9月7日付で目標株価を1900円に引き下げたと伝えられ、翌取引日の10日には一時2107円まで下押す場面があった。ただ、直近にかけては、これが安値になり、徐々に持ち直している。ビール園のキャンセル報道についても、これを目にした市場関係者の中には、「いつもはこんなに大勢の客が来ていたのかと思った」と、むしろ注目し直す様子もあった。

 もっとも、首都圏のベッドタウンにあるコンビニエンスストアでは、この夏、ビールを販売する冷蔵ケースから看板商品の「黒ラベル」が姿を消した店もある。意図的な販売戦略との見方はあるが、SMBC日興証券の見立ては株価2000円割れである。株価が打たれ強くなってきたとみる市場関係者も、「大台割れを防ぐには、縮小均衡型の戦略と並行して捲土重来を期す大きな拡大戦略が欲しいところだ」と、成り行きを注視している。(HC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ★慎重な銘柄選択と注目株★  2019年の日本株投資対象は、世界情勢に敏感な海外機関投資家の日…
    2. ■近未来のスポーツ番組を一変させる要素を内包すると期待する姿勢が  キヤノン<7751>(東1…
    3. 隠れた関連株として注目  本2018年も、スポーツイベントが目白押しである。今年2月の韓国・平昌冬…
    2019年1月
    « 12月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
    IRインタビュー 一覧

    Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く 協立情報通信の長谷川浩社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る