【新規上場(IPO)銘柄】サン・ライフホールディングは、11日にJASDAQに上場、投資妙味が増す水準

株式市場 IPO 鐘

 サン・ライフホールディング<7040>(JQS)は、10月1日に、単独株式移転の方法により、株式会社サン・ライフの完全親会社として設立され、東京証券取引所JASDAQに上場した。「ライフステージ全般の事柄について、地域の皆様が充実した生活を送れるよう貢献する」を基本理念に、昭和8年に仏具・葬祭・造花店「サカエヤ」として創業して以来、70年余にわたって各種の事業を展開。現在では、冠婚葬祭のみならず情報、福祉、教育、文化など各方面へ事業を広げている。

 ホテル事業では、顧客のニーズに合ったサービスを拡充し、感動のセレモニーの実現などに挑戦しているほか、SNS広告の強化、フォトウェディング販売の強化にも取り組んでいる。本社のある平塚市周辺には鎌倉の鶴岡八幡宮、江ノ島の江島神社、箱根神社、八王子には高尾山というように、パワースポットが集中しており、フォトウェディングのニーズを取り込むことで、宿泊やパーティー需要の獲得につなげている。

 式典事業では、葬儀件数が増える一方、会葬者が減ることで葬儀1件あたりの売上高が下がることが予想されことを踏まえ、戦略的な新規出店を強化するとともに、葬儀のニーズに沿った体制作りをしているほか、これまでの葬儀の常識を再点検して、顧客の真のニーズを掘り起こしている。

 介護その他事業は、売上高10億円を超え、グループの3本柱のひとつに成長している。今後も積極的なM&Aに取り組む一方で、周辺事業の拡充も図る方針。生前・事前相談、法律相談、さらには入居時のハウスクリーニングや改修など開拓が遅れている分野の強化を目指すほか、外国人労働者の受け入れ準備も進めている。

 今2019年3月期業績予想は、株式会社サン・ライフが本年5月9日付で公表した通り、売上高123億2000万円、営業利益8億4000万円、経常利益8億9000万円、純利益12億円を見込む。年間配当予想は、期末一括16円を予定している。なお、第2四半期末における配当については、株式会社サン・ライフが本年5月9日付で公表した1株当たり15円に変更はない。

 株価は、上場初日の10月1日に1000円で寄付いた後、5日高値1028円と上昇。1000円どころを下値に底堅い動きとなっている。今期予想PER5倍台と割安感があり、配当利回り3.0%と利回り妙味もソコソコあり、投資妙味が増す水準。ここから大きく突っ込む場面は買い妙味が膨らみそうだ。(株式評論家・信濃川)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ロータス投資研究所代表、中西文行 氏 テクニカルでは16000円割れに 世界の主要株価指数は、18年…
    2. 2019年相場展望 米中貿易摩擦の動向に左右される展開 2018年の東京株式市場は、欧米の長期金利の…
    3. シニアアナリスト:水田雅展 2019年は前半が調整色でも年末高に向かう可能性  2019年の株式…
    2019年6月
    « 5月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る