【株式市場】日経平均は続落だが296円安から大きく持ち直し「下ヒゲ」示現

株式

◆日経平均は2万1184円60銭(84円13銭安)、TOPIXは1596.01ポイント(4.91ポイント安)、出来高概算(東証1部)は増加して16億9900万株

■4日続落だが出来高は4日続けて増加し「コンバージェンス」的な現象が現わる

チャート10 10月26日後場の東京株式市場は、日銀のETF(上場投信)買いオペが今日は入らないらしいといった話が聞かれたほか、昼休み中に上海、香港株式が軟化したことなどがあり、ファナック<6954>(東1)などが一段安で始まり、日経平均も取引開始後に296円80銭安(2万971円93銭)まで一段安となった。ただ、円相場はひと頃のように株安と連動して円高にならないようで、日経平均は14時にかけて前日比プラスに浮上。大引けは84円13銭安(2万1184円60銭)と大きく持ち直した。

 日経平均、TOPIX、JPX日経400などは、続落ながら比較的長い「下ヒゲ」を示現し、罫線観測で底打ち圏を示唆する足となった。

 後場は、富士通<6702>(東1)が13時に四半期決算を発表したあと一気に軟調転換。一方、業績見通しの減額が嫌われて前場はジリ貧だったキヤノン<7751>(東1)は取引開始直後を下値に下げ止まった。JFEシステムズ<4832>(東2)は25日の四半期決算が連日好感されて続伸。ジェネレーションパス<3195>(東マ)は家具業界の合従連衡の期待などが言われて後場一段高。地域新聞社<2164>(JQS)は業績好転と仕手筋介入が言われてストップ高。

 東証1部の出来高概算は増加して16億9900万株(前引けは6億7090万株)。売買代金は3兆1857億円(同1兆2740億円)。1部上場2110銘柄のうち、値上がり銘柄数は554(同743)銘柄、値下がり銘柄数は1502(同1270)銘柄。

 また、東証33業種別指数は14業種(前引けは16業種)が値上がりし、値上がり率上位の業種は、パルプ・紙、輸送用機器、ゴム製品、陸運、不動産、非鉄金属、保険、鉄鋼、銀行、などが高い。(HC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ■フッ化水素などの周辺にも唯一無比な存在が数多い  例えば韓国への輸出規制3品目である高…
    2.  大型連休中の先週、野菜などで作った代替肉の食品メーカー、ビヨンド・ミートが米国でNASDAQ…
    3. ■前3月期の営業利益2.1倍など業績の大幅回復とともに注目強まる ミサワホーム中国<17…
    2019年12月
    « 11月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る