マルマエは10月の月次受注残高を発表

IR企業情報

■10月の受注残高は7億33百万円(対前月比5.5%減)

 マルマエ<6264>(東1)は17日、10月の月次受注残高を発表した。

 10月の受注残高は、半導体分野5億71百万円(対前月比5.8%減)、FPD分野1億58百万円(同7.9%増)、その他分野03百万円(同86.3%減)となり、合計の受注残高は7億33百万円(同5.5%減)となった。

■半導体分野の受注は増加傾向

 2018年10月末の受注残高は、半導体分野は、受注は増加傾向にあるものの生産体制の増強により出荷検収が好調に推移したことから、対前月比5.8%減、対前年同月比では3.5%増の5億71百万円となった。FPD分野は、受注が増加しながらも出荷検収は一時的に停滞し、対前月比7.9%増、対前年同月比では44.0%減の1億58百万円となった。その他分野は、主だった動きはなかった。これらの結果、2018年10月末の受注残高は、対前月比5.5%減、対前年同月比12.7%減の7億33百万円となった。

■別メーカーの3D NAND向け投資が堅調に推移

 今後の見通しは、半導体分野では、一部デバイスメーカーのDRAM向け投資が先送りされながらも、別メーカーの3D NAND向け投資が堅調に推移しているほか、10月からロジック向けの設備投資が再拡大し始めている。しかしながら、同社の生産力は出水事業所稼働に伴い大きく向上していることもあり、数ヶ月間は生産量の伸びに対する受注量が不足することで受注残は、低下傾向となる可能性がある。このような環境下であるが、新規受注につながる試作品の引き合いも多く、品種拡大に注力することで受注拡大を図る。

■大型液晶パネル向けは順調に推移

 FPD分野では、中小型パネル向けは停滞しながらも大型液晶パネル向けは順調に推移していることから、大型パネル向けの受注品種へ転換していく方針であるが、受注が切り替わるまで数ヶ月間の受注残については停滞傾向となる見通し。

 その他分野は、同社生産キャパの空きを活用し、スマートフォン向けの装置部品に若干の伸びが見込まれることと、太陽電池向けの引き合いを受けており、量産品受注に向けた営業活動を行っていく方針である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ロータス投資研究所代表、中西文行 氏 テクニカルでは16000円割れに 世界の主要株価指数は、18年…
    2. 2019年相場展望 米中貿易摩擦の動向に左右される展開 2018年の東京株式市場は、欧米の長期金利の…
    3. シニアアナリスト:水田雅展 2019年は前半が調整色でも年末高に向かう可能性  2019年の株式…
    2019年5月
    « 4月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    IRインタビュー 一覧

    Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く 協立情報通信の長谷川浩社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る