スペースバリューホールディングスは売り一巡して反発期待、19年3月期2桁増収増益予想

株式市場 銘柄

 スペースバリューホールディングス<1448>(東1)は、日成ビルド工業の完全親会社(持株会社)として設立し、18年10月上場した。建築事業や立体駐車場事業などを展開している。19年3月期2桁増収増益予想である。株価は地合い悪の影響で水準を切り下げたが、売り一巡して反発を期待したい。

■日成ビルド工業の持株会社で建築事業や立体駐車事業などを展開

 日成ビルド工業の完全親会社(持株会社)として設立し、18年10月東証1部に上場した。システム建築事業、立体駐車場事業、総合建設事業、開発事業、ファシリティマネジメント事業を展開している。18年10月にはホテル開発・運営管理の子会社スペースバリューホテルディベロップメントを設立した。

■新中期計画で22年3月期経常利益76億円目標

 19年3月期連結業績予想は売上高が850億円、営業利益が54億50百万円、経常利益が56億円、純利益が37億円としている。日成ビルド工業の18年3月期実績(連結)との比較で見ると11.0%増収、32.0%営業増益、27.4%経常増益、25.0%最終増益予想となる。

 なお日成ビルド工業の第2四半期累計は、売上高が前年同期比2.0%増の351億39百万円、営業利益が3.2%増の14億55百万円、経常利益が6.6%増の15億79百万円、純利益が18.5%増の10億25百万円だった。開発事業の減収などで、全体として小幅増収増益にとどまったが、受注高(システム建築事業、立体駐車場事業、総合建設事業の合計)は26.2%増の427億82百万円と好調である。通期ベースで好業績を期待したい。

 新中期経営計画の目標値には、22年3月期売上高1000億円、営業利益75億円、経常利益76億円、純利益50億円、ROE18%、配当性向35%を掲げている。建設需要変動の影響を最小化するため、開発事業を成長エンジンとして、建設事業とのシナジーを創出する。

■株価は売り一巡して反発期待

 株価は地合い悪の影響で水準を切り下げ、12月25日には838円まで下押したが、その後は切り返している。売り一巡して反発を期待したい。12月27日の終値は930円、今期予想連結PERは約9倍、時価総額は約331億円である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ■東京2020オリンピック競技大会まであと200日!  東京2020大会のゴールド証券パート…
    2.  2020年1月6日(月)、日本取引所グループ(JPX)は東京証券取引所で新年恒例の「大発会」を…
    3. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2020年3月
    « 2月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る