【株式投資の醍醐味】社長インタビューで見つけた中期上昇銘柄の共通点

「いまは先行投資の段階だが1~2年後を見てほしい」

 この2年ほどの間に社長インタビューを行った銘柄の中に、インタビュー後しばらくは鳴かず飛ばずの状態を続けながら、次第に持ち直して上昇相場を形成した銘柄がいくつかあった。パシフィックネット(3021)とピクスタ(3416)が特徴的で、共通していたのは、ともに、「いまは先行投資のため減益(あるいは赤字)だが、新事業への取り組み(あるいは構造改革)が進んでいるので1~2年後を見てほしい」ということだった。

パシフィックネットやピクスタなど、しばらくは鳴かず飛ばずでも大きく変貌

 パシフィックネット(3021)は2017年9月6日に掲載した(http://kabu-ir.com/article/453261741.html)。そして、この年いっぱいは500円前後で鳴かず飛ばずだったが、18年初から動意を強め、同年3月にかけて2倍強の株価になった。

 ピクスタ(3416)は2017年5月24日に掲載した(http://kabu-ir.com/article/450177718.html)。そして、17年中は1300円をはさんで一進一退を続け、むしろ1200円まで下押す場面もあったが、18年5月には一進一退だった水準から7割高となった。

 このため、両銘柄は、2018年に行った社長インタビューではないものの、18年になって強い印象をもたらしたインタビューとして記憶に残っている。そして、こうした意味では、18年12月のEストアー(4304)、18年12月11日掲載(http://kabu-ir.com/article/463161331.html)が、上記の2銘柄に共通して、「いまは先行投資の段階だが、1~2年後を見てほしい」といったニュアンスの構想や計画を披露してくれた。株価は年末にかけて、全体相場の急激な調整に押されるような動きとなっているが、見方を変えれば割安感が強まっていることになる。

 株式投資の醍醐味といえば、何といっても、狙った銘柄が買った直後から急伸して大きく値上がりすることだといえる。が、相場は千差万別。しばらくは鳴かず飛ばずの状態を続けても、次第に持ち直して上昇相場を形成する「スローライフ」な銘柄も、株式投資の醍醐味という点では別格の感慨があるといえそうだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ロータス投資研究所代表、中西文行 氏 テクニカルでは16000円割れに 世界の主要株価指数は、18年…
    2. シニアアナリスト:水田雅展 2019年は前半が調整色でも年末高に向かう可能性  2019年の株式…
    3. ★慎重な銘柄選択と注目株★  2019年の日本株投資対象は、世界情勢に敏感な海外機関投資家の日…
    2019年3月
    « 2月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    IRインタビュー 一覧

    Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く 協立情報通信の長谷川浩社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る