アステラス製薬は骨粗鬆症の治療薬の世界初の承認が注目され3日続伸基調

株式市場 銘柄

■「骨密度を増加し骨折リスクを低下させる」と9日朝発表

アステラス製薬<4503>(東1)は1月9日、3日続伸基調で始まり、取引開始後に4%高の1547.0円(64円高)まで上げて出直りを強めている。9日朝、「骨粗鬆症の治療薬として世界初の製造販売承認を日本で取得」と発表。12月20日以来の1500円台回復となった。

 発表によると、アステラス・アムジェン・バイオファーマとアステラス製薬が日本において共同開発を進めてきたヒト抗スクレロスチンモノクローナル抗体製剤「イベニティ」(一般名:ロモソズマブ(遺伝子組換え)、以下「イベニティ」)について、骨折の危険性の高い骨粗鬆症の治療薬として、世界各国に先駆けて、厚生労働省から製造販売承認を取得した。

 現在、日本の骨粗鬆症患者数は約1200万人。75歳以上の最高齢群では大腿骨近位部骨折の発症率は男女ともに劇的に上昇する。骨粗鬆症を有する閉経後女性及び男性の骨密度を増加し、骨折リスクを低下させるという。(HC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ★慎重な銘柄選択と注目株★  2019年の日本株投資対象は、世界情勢に敏感な海外機関投資家の日…
    2. ■近未来のスポーツ番組を一変させる要素を内包すると期待する姿勢が  キヤノン<7751>(東1…
    3. 隠れた関連株として注目  本2018年も、スポーツイベントが目白押しである。今年2月の韓国・平昌冬…
    2019年1月
    « 12月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
    IRインタビュー 一覧

    Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く 協立情報通信の長谷川浩社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る