日本アジアグループ:うるま市、BOT方式「グリーンビル」竣工

写真=竣工したオフィスビルと式典の様子

■省エネ・創エネ優先し「環境配慮型」施設を完成

グリーン・コミュニティの実現を目指す日本アジアグループ<3751>(東マ)傘下の国際ランド&ディベロップメントが、かねてより沖縄県うるま市で建設していたオフィスビル「沖縄IT津梁パーク企業集積施設3号棟」が完成し、3月31日に竣工奉告祭を行った。

この事業は、国際L&Dが沖縄県から賃借した施設用地(9,566㎡)に、企業集積施設(オフィスビル)を建設し、今後15年にわたり沖縄県に一括賃貸する、BOT(Build Operate and Transfer)方式での新しい事業だ。賃借する同県は同施設を、企業立地促進センター(沖縄IT津梁パーク内にある施設)に入居中の企業の移転先として使用を許可する。事業終了後は同県に無償譲渡する。。

この新施設は、地上3階(一部4階)、延床面積約3,000㎡、省エネ・創エネ対策を備えた環境配慮型「グリーンビル」として開発された。

施設の特徴は、屋上に太陽光パネルを設置して屋上熱負荷を軽減、ビル開口部にはグリーンスクリーンと花ブロックスクリーンを設置、熱線反射ガラスの採用で直射日光の室内照射を軽減、LED照明や人感センサーの設置による消費電力の軽減、さらに雨水を地下貯水槽へ貯留して散水や設備の洗浄に利用するなど、設計の随所に環境対策を織り込んだところだ。

【沖縄IT津梁パーク】
沖縄県が国内外の情報通信関連産業の一大拠点の形成を目指すビッグプロジェクトで、「沖縄県における情報通信関連産業の推進」「わが国における情報通信関連産業活性化と国際競争力向上」「沖縄県における雇用創出」を基本理念としています。パーク内に計画されている企業集積施設のなかで、当施設は3棟目の施設となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■NTTやKDDI等が高値更新  4月14日の東京株式市場では、情報・通信業は3営業日続伸し…
    2.  リズム<7769>(東証プライム)は4月13日、リズム史上最大の音量を実現した大音量電波デジタル…
    3. ■発行済み株式の過半数を取得  伊藤忠商事<8001>(東証プライム)は4月5日、米国大手ス…
    2022年7月
    « 6月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る