【どう見るこの株】注目の直近1部昇格銘柄

株式市場 東京証券取引所 株価

■最高純益更新株、ラグビーW杯関連株、災害復興関連株など側面支援材料も随伴

「直近1部昇格株」を市場変更に際したファイナンスの有無で選別すると、ファイナンスなしが6銘柄、何らかのファイナンスを伴った銘柄が4銘柄となった。ファイナンスなしでは、12月13日に名証第2部から東証第1部・名証第1部へ昇格した未来工業<7931>(東1)は、承認とともに2日連続でストップ高、いったん2980円まで調整したが、市場変更日は3030円と高寄りして3070円まで買い進まれた。

その後、全般相場の急落にツレ安し再び2617円と下値を探ったが、前週末は大陽線を立てて直近1部昇格銘柄では唯一、昨年来高値3115円まで買い直された。残業ゼロ経営など時代を先取りした独自のビジネスモデルには定評があり、PER評価ではやや割高なものの、今2019年3月期第2四半期業績が、期初見通しを上ぶれて着地し、通期純利益は、固定資産の売却益計上で5期ぶりの過去最高予想にあり、なお上値期待を高めよう。

またサニーサイドアップ<2180>(東1)は、PR会社として新規に展開しているスポーツ事業で、今年9月開催のラグビーのワールドカップや来年の東京オリンピック・パラリンピックなどのビッグイベントが業績にも株価的にポジティブ効果を発揮する。

南陽<7417>(東1)は、九州地方で度重なった自然災害の復旧・復興需要で昨年10月に今3月期業績を上方修正、PERは8倍台、PBRも0.8倍と上値余地を示唆している。

チャーム・ケア・コーポレーション<6062>(東1)は、市場変更承認で1743円高値をつけ、全般急落相場に抵抗できずに1091円安値へ調整したが、今6月期業績は大幅増益で連続して過去最高を更新する見込みで、高価格帯・高級ホームへのシフトとともに、富裕な高齢者向けに不動産事業へ進出する新規事業も株価に反映される展開が有力視される。

【どう見るこの相場】「森を見ずに木を見る」を基本とする個別銘柄重視の積み上げスタンスが賢明
【どう見るこの株】注目のファイナンスありの「訳あり」銘柄

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ■東京2020オリンピック競技大会まであと200日!  東京2020大会のゴールド証券パート…
    2.  2020年1月6日(月)、日本取引所グループ(JPX)は東京証券取引所で新年恒例の「大発会」を…
    3. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2020年5月
    « 4月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る