加賀電子が午後一段高、外観検査や食品分類などに適す初心者向けAI学習用PC注目される

株式市場 銘柄

加賀電子<8154>(東1)は2月4日の午後、一段と出直り幅を広げ、14時を過ぎて2050円(61円高)まで上げて出来高も増勢となっている。4日付で、「届いたその日から開発着手が可能」な初心者向けAI学習用PC「DeepEye(ディープアイ)」を2月15日から発売開始と発表し、注目されている。

 「Deep Eye(ディープアイ)」は、米国の先端企業NVIDIA(エヌビディア)社の技術を使用したソフトウェアの高速化技術などで先行する(株)コンピュータマインド(山梨県甲府市、加藤吉一社長)が開発し、NVIDIA社製の最新GPU「GeForce RTX2080Ti」を搭載した高性能PCに独自のAI学習ソフトをインストール、本体価格は100万円を切る価格を実現した。外観検査装置、食品分類、製品分類、車載カメラ、セキュリティカメラなどの用途に適し、一部特許出願中。

◆ディープラーニングの詳細な知識は必要なく推論実行までのプロセスを何度でも繰り返し試すことが可能

 「Deep Eye(ディープアイ)」は、ディープラーニング(Deep Learning)の詳細な知識は必要なく、ディープラーニングの学習ステップである、学習データ作成(アノテーション)から学習実施、そして出来上がった学習モデルの推論実行(デプロイ)までを1台のPCで⾏うことができますので、学習データ作成から推論実行までのプロセスを何度でも簡単に繰り返し試すことが可能になっている。

 主な機能としては、工業製品の外観検査などで見られる微小な傷/汚れを検知して正常・異常の判定を行う「画像分類」機能や、監視カメラ等で利用される人間の検出や、製品の傷ついた部分の特定などの「物体検知」機能、などがあり、(1)一つのアプリソフトで学習データ作成(アノテーション)から推論実行(デプロイ)まで対応。(2)Windows版、Linux(Ubuntu)版など多彩な環境において推論実行(デプロイ)が可能。(3)画像分類の結果をコンフュージョンマトリクスで視覚的に表示、などの特色がある。(HC) 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ロータス投資研究所代表、中西文行 氏 テクニカルでは16000円割れに 世界の主要株価指数は、18年…
    2. 2019年相場展望 米中貿易摩擦の動向に左右される展開 2018年の東京株式市場は、欧米の長期金利の…
    3. シニアアナリスト:水田雅展 2019年は前半が調整色でも年末高に向かう可能性  2019年の株式…
    2019年8月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る